読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"I am"ー認識が世界を変えるー

この世界とは何なのか、人間とは何なのか、自分とは何なのか。認識技術によって開かれる未来文明

【最終章】世界中を股にかける平和の使者”ダライ・ラマ14世”とNoh Jesuーチベットという国を平和の地にするべく実践するダライ・ラマ14世と、日本から社会全体を平和の地にするべく実践するNoh Jesuー

前回までの記事で、いまの時代には「共産主義・自由民主主義を超える新たなイデオロギー」が必要であること、そしてそのヒントは"アインシュタイン"のある発言に隠されていることも共有しました。まだそのことがよくわからない方は前回までの記事を読んでみ…

【第2章】世界中を股にかける平和の使者”ダライ・ラマ14世”とNoh Jesuーダライ・ラマ14世が巻き込まれている社会の構造と彼の限界ー

では前回までで、ダライ・ラマ14世の生き様と、素晴らしいリーダーシップについて触れさせていただきました。まだそこのイメージの共有がなっていない方は、ぜひ前回までの記事も読んでみてください。 ダライ・ラマ14世の現状ー共産主義と自由民主主義の…

【序章】世界中を股にかける平和の使者”ダライ・ラマ14世”とNoh Jesuーダライ・ラマ14世とは何者なのかー

みなさんは"ダライ・ラマ14世"という人物を知っていますか? おそらく名前くらいはよく聞くのではないかと思います。ただ"どんな人物なのか"というふうに聞かれると"?"となってしまう人が多くいると思います。なのでまずは彼がどんな人物なのか?というこ…

【最終章】悪魔と呼ばれた天才の中の天才"ノイマン"とNoh Jesuーノイマンの限界を補う"Noh's Way"という新たな方向性ー

では、悪魔と呼ばれた天才の中の天才"ノイマン"が見落としてしまった、盲点とはなんだったのでしょうか?さらに言えば、ノイマンが追求し続けた"科学技術"の限界とはなんなのでしょうか? そしてさらにそれを補うNohJesuが提示する"Noh's Way"とはどのような…

【第三章】悪魔と呼ばれた天才の中の天才"ノイマン"とNoh Jesuー彼が引き起こしてしまった"人間破壊"ー

天才の中の天才、悪魔の頭脳、火星人、1000分の1インチの精度で噛み合う歯車を持った完璧な機械・・・・彼の持つ異名は多くあり、ノーベル賞を受賞した多くの人物が"彼こそが本物の天才"であるとも言っています。 では前回もお伝えしたように、そんな彼が犯…

【第二章】悪魔と呼ばれた天才の中の天才"ノイマン"とNoh Jesuー彼がいなければどんな未来が待っていたのかー

ではノイマンはなぜそんなにも多くの分野の発展を生み出すことができたのでしょうか? ノイマンはなぜ数多くの発見と発明が可能だったのか それは一言で言えば、彼の驚異的な"計算能力と映像記憶力"によって成されたと言えると思います。彼は8歳で微分積分…

【序章】悪魔と呼ばれた天才の中の天才"ノイマン"とNoh Jesuーノイマンとはどんな人物だったのかー

みなさんは"ジョン・フォン・ノイマン"という人物をご存知ですか? 悪魔と呼ばれた天才の中の天才"ノイマン" さらに言えば、移民でありながら、アメリカに渡り今のコンピューター、軍事力・原爆、経済学、量子力学、数学、気象学、人工知能など、これらすべ…

必読記事ーヘンリー・ミンツバーグ教授の「デジタル時代の経営における人間性の大切さ」ー

ふっと目に入ったこちらの記事。内容が素晴らしすぎてすべて引用したいくらいです。いくつかポイントを拾いたいと思います。 www.dhbr.net トーマス・フリードマンは2012年、『ニューヨーク・タイムズ』紙のコラムで次のように述べている。エジプトの友人に…

アインシュタインとNoh Jesuー全ての問題を解決する"統一理論完成"への道程ー

アインシュタインとは まずはアインシュタインを理解する上でこちらのサイトを参考にしてみてください。 アルバート・アインシュタイン そして冒頭にこのようにあります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「20世紀はポピュラー音楽の世紀…

マハトマ・ガンジーとNoh Jesuー後編:偉大な魂を持った人類歴史に名を刻む二人の人物ー

ではガンジーについて整理していきたいと思います。 ガンジーとは ガンジーの特出している点は、その勇気と行動力であるととは間違いありません。そして「非暴力・非服従」という手段を田世界に打ち立てた人物でもあります。 ガンジーについての紹介はこちら…

リンカーンとNoh Jesuーリンカーンから私たちは何を学ばなければならないのかー

Noh Jesuがどのような人物なのかを、これまでの人類史を築いてきた偉人との比較によって紹介します。 今回の登場人物はかの有名な”アブラハム・リンカーン”です。 学者たちによる歴代アメリカ合衆国大統領の評価では、NO.1になることが多いのですが、彼の評…