「自分が大嫌い」だった僕が、「誰もに誇りを持てる自分」を手に入れるまでー両親のことから、認識技術のことまでー

※所要時間:8分〜12分(約4800字) 僕は自分が大嫌いだった。 心の底から。 こんなにも醜くて、卑怯で、ずる賢い人間はいないと思ってた。 僕の両親ー「冨沢亮太」と向き合ってきれた両親ー 僕の両親はとても偉大な人たちだった。あらゆるものから僕と姉を守り、「冨沢亮太」という人間と向き合ってくれた。だから僕も「冨…