20代からの"而立(じりつ)"のすゝめ

様々な人に出会い、様々な本を読み、実践してきたことを元に、色々な角度で表現いていこうと思います。

観点の問題とは?ー人類歴史の本質的課題ー

 

健康の基本原理は”固定されずに循環していくこと”です。これは、体の健康・心の健康・経済の健康などすべての健康について共通です。観点(5感覚脳)の健康についても同様で、観点が循環されず固定していまっていては病気の状態です。

 

人間は、自分の観点(5感覚脳)から生まれた「自分と自分の世界しか認識できないこと」が当然のように思っていますが、実はそれが”不健康な状態である”と言っています。人間はそれぞれに異なり、不完全である観点に固定され、無意識深く”自分が絶対に正しい”と信じている状態でお互いに出会います。この状態では、多様な摩擦・衝突は絶対に止まりません。

 

しかし、それぞれに異なる観点をすべて同じにしても問題です。一人の人間多くの人を支配するファシズムのような構造になってしまいますし、ロボットのようになってしまい、多様性や個性、最終的にはアイデンティティすらない人間になってしまいます。

 

観点が異なるから問題が発生してしまうことは理解できるが、違う観点を受け入れて、譲りながら調和を取ることも難しく、限界にぶつかることが多くあります。個人、組織、地域、国家、宗教の摩擦・衝突の原因はすべてここにあったのです。

 

こんなにも巨大な”観点の障壁”を突破しようとして走ってきたのが今までの人類歴史の本質であり、今の時代に乗り越えなければならない課題であると言われています。

 

そしてその観点の問題に対して明確な代案を出している自分が"Noh Jesu"であり、彼が開発した認識技術が歴史初で観点の問題を解決することができる技術であると言われています。その技術は20年間日本の地で研究開発され、2015年末にやっと完成し、2016年度から本格的スタートのタイミングでもあります。

 

rtomizawa.hateblo.jp

rtomizawa.hateblo.jp

 

ぜひこのタイミングで日本オリジナルのイノベーション技術に触れてみてください。