読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"I am"ー尊厳ある社会の実現に向けてー

この世界とは何なのか、人間とは何なのか、自分とは何なのか。認識技術によって開かれる未来文明

アインシュタインとNoh Jesuー全ての問題を解決する"統一理論完成"への道程ー

アインシュタインとは

まずはアインシュタインを理解する上でこちらのサイトを参考にしてみてください。

 

アルバート・アインシュタイン

 

そして冒頭にこのようにあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「20世紀はポピュラー音楽の世紀だった」これは、このサイトを始める際の重要なキーワードでした。しかし、それ以上に20世紀を「戦争の世紀」「核の世紀」「科学の世紀」ととらえる人は、多いに違い有りません。


 「科学」の進歩によって狭くなった地球。「科学」の進歩によって、持てる者と持たざる者に別れてしまった地球。こうして、地球は「戦争の世紀」へと突入し、人類にとって現時点での最終兵器「核爆弾」を生むにいたったのです。


 これまでも、科学は単に技術の進歩によって社会を変えただけでなく、ひとつの「思想」としても、社会に大きな影響を与えてきました。なかでも、ガリレオの地動説が教会中心の社会に大きな衝撃を与えたり、ダーウィンの進化論が生物学だけでなく社会学や経済学をも根本的に変えてしまったことは有名です。同じように、アインシュタインの「相対性理論」も「思想」として人類に大きな影響を与えました。実際、彼の提示した理論からは、テレビやレーザーの技術だけでなく、「ブラック・ホール」や「タイム・トラベル」「ビッグ・バン」などの新しい概念が数多く生まれているのです。そう考えると、彼はどんな思想家や宗教家、政治家よりも大きな影響を20世紀の世界に与えたと言えるのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

彼の目指した世界

 

この方がおっしゃるようにアインシュタインが世界に及ぼした影響はとても多大な者があると思います。しかし彼は夢半ばにしてこの世を去ってしまいました。そう彼の夢とは全ての存在に共通した理論"統一理論"の完成でありました。

 

彼の死後も多くの物理学者たちがその理論を発見するために日夜邁進してきました。超弦理論M理論量子力学・・・。しかし物理学者たちにとって今だに統一理論への壁は多く立ちはだかってきました。

 

彼の意志を引き継いだ人物

 

 そんな中日本のある地で全く違ったアプローチによって"統一理論"を完成させてしまった人物がいる。その人物こそが"Noh Jesu"である。物理学者でもなく、数学者でもない彼が世の全ての天才たちが血眼になっても発見することのできなかった大発見をしてしまったのです。

 

なぜ彼はその理論を発見することができたのでしょうか?逆に言うとなぜアインシュタインを含む多くの数学・物理学者たちは統一理論を発見することができなかったのでしょうか?

 

なぜNoh Jesuは統一理論を発見することができたのか

 

それはNoh Jesuがある大前提を覆してしまったからです。イノベーションを起こす時にもっとも障害となることは自分自身が持つ偏見や、固定概念、いわゆる"大前提"です。例えばコペルニクスはそれまで"地球が動いているのではなく、天が動いているという大前提"を覆し、天動説から地動説へのパラダイム転換を可能にしました。なのでその当時の天文学者たちのイノベーションを邪魔していた固定概念は"地球は止まっており、天が動いている"という大前提でした。では現代物理学者たちの統一理論の発見を邪魔する"大前提"とは一体なんなのでしょうか?

 

覆さなければならない大前提とは?

 

それが実は"自分と自分の宇宙が有る"という無意識深い固定概念であり、その"有"を大前提として全ての思考論理を展開していくので、あらゆることが最終的に矛盾が生じてしまうのです。物理学者は全ての存在が"有る"ことが大前提としているので、"無"に対して興味がありません。もっと言えば"無"に対して、拒否反応すらもっています。

 

なぜならば"無"は観測不可能であり、実験によって立証することも不可能であり、測定することも不可能だからです。数学物理学者にとって"無"ほど恐ろしいものはないのです。なぜならそもそもの学問の在り方すらも問われてしまうからです。

 

しかし実際に量子力学が証明しているように、常に全ての存在は"有"と"無"を繰り返しており、人間が無いところから誕生し、地球もないところから誕生したように、宇宙もないところから存在しているのです。これらのことを観てみても人類は早急に"無"を取り入れなければならないのです。

 

どのように発見されたのか? 

 

そんな時に日本の福岡でNoh Jesuが自らの全ての固定概念を超え、"無から有が生まれる仕組み"を発見してしまったのです。それは多くの物理学者が用いる実験器具での発見ではなく、アインシュタイン特殊相対性理論を発見した時と同じように、"思考実験"にって発見されたのです。

 

そしてこのたった一つの発見によって、今まで矛盾していると考えられていた、ブラックホールの謎、そこからくる一般相対性理論量子力学の統一、ホーキングパラドックス、10の500乗個の宇宙の謎、並行宇宙の謎・・・などの全ての物理学の謎が解き明かされてしまったのです。

 

アインシュタインの娘に当てた手紙

 

しかしアインシュタインが娘に宛てた手紙でも記しているように、Noh Jesuが発見した理論はあまりにも今までの常識と離れているため多くの誤解と偏見を受けてきました。実際にNoh Jesuに対して多くの批判を寄せるウェブサイトも存在しています。

 

 

 

rtomizawa.hateblo.jp

 

「私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

 

私たちはどんな未来を選択するべきなのか

 

 では私たちはNoh Jesuの大発見を無視し、今まで通りの生活を繰り返した方が有意義な人生を過ごし、有意義な人類歴史を過ごすことができるのでしょうか?人類の見果てぬ夢である"統一理論の発見"を無視してしまってもいいのでしょうか?

 

ぜひ一人でも多くの方にNoh Jesuの伝えているメッセージを受け取って欲しいと思います。最後にNoh Jesuとともに、認識技術の開発をしてきた"内海昭徳氏"の動画を紹介したいと思います。これは認識技術のごく一部ではありますが、YouTubeで4万回以上が再生された動画ですので、お時間ある方はぜひご覧になってみてください。

 

www.youtube.com