20代からの"而立(じりつ)"のすゝめ

様々な人に出会い、様々な本を読み、実践してきたことを元に、色々な角度で表現いていこうと思います。

エネルギー問題の本質ー何が変わらなければならないのかー

今日はエネルギー事業をご自身でなさってる方とお話をさせていただきました。僕自身関心がないわけではないですが、あまりエネルギー分野に手を出してきませんでしたが、私たち人類が生きていく上でとても重要な問題なので、これからはさらにしっかりと向き合っていこうと思いまし。

 

そんな中で以下の記事を見つけました。

www.chikyumura.org

 

 

シンプルに言えば、「今のままのスピードでエネルギーを消費していけば、エネルギーが枯渇し、さらに多くの問題が引き起こされていく」ということです。このエネルギー問題、環境問題というのは、その他の問題と違い、私たち人類が生きている地球という"お家"が壊れようとしているので、お金を持っていようと、富を持っていようと、権力をもっていようと、いずれは向き合わなければならない問題であると思います。

 

では、その問題はどのように解決する必要があるのでしょうか?

 

今日も様々なことをお話させていただきましたが、お互いに行き着いた結論はやはり"教育"でした。結局は一人一人が変わらなければ本質的には変わらないので、そのための教育が根本的にには必要になってくるという話になりました。

 

では次にくる質問は"人間の何が変わらなければならないのか"という問いです。

 

人類はいままでこの問いに答えるために、多くの思想哲学、宗教、科学などを開発してきましたが、結局人類が誕生してから500万年間、本質的には何も変わっていないと言われています。猿が槍を持っていたところから、拳銃を持っているようなものだと表現している人もいます。

 

そう、それくらい人類は変わっていないのです。そんな人類歴史に終止符打つために"Noh Jesu"は20年間かけて認識技術を開発し、新しい社会作りを志し活動しています。今日はエネルギー分野の話ではありましたが、結局はやはり"教育"が変わらなければならないという答えにたどり着き、遠回りのように見えますが、一番の近道を歩んでいることに確信を持ちました。