読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"I am"ー尊厳ある社会の実現に向けてー

この世界とは何なのか、人間とは何なのか、自分とは何なのか。認識技術によって開かれる未来文明

これはさすがにおかしいでしょうー世界人口の半分と同じ富が62人の富豪に集中ー

Noh Jesu 社会問題

 

さすがにみんなに気づいて欲しいな。この記事をとりあえず読んで欲しいですね。ダボス会議に向けて整理された資料をもとに書いているようです。

 

www.newsweekjapan.jp

 

 

この62人の昨年の富は1兆7600億ドルに上り、世界人口の半分以上を合わせた額を上回った。2010年には、世界人口の半分と同じ富を独占していたのは388人の富豪だった。この1年で富はますます少数に集中し、今では二階建てバスの定員にも満たない人数になっている。 

 

富裕層の富は2010~2015の間に44%増大。これはざっとカナダのGDPと同じ額だ。富の集中と租税回避地に隠された推定7兆6000億ドルの資産のおかげで、世界的な貧富の格差は「過去例をみない極端さになりつつある」と、同リポートは警告する。 

 

金融危機と世界大不況の後、経済は再び回復しはじめている。これは喜ぶべきことだと誰もが思っている。だが、所得の成長や富の成長を実際に手にしているのは少数の大金持ちだけだ」と、オックスファムの政策責任者、ウェイン・クリプケは本誌に語った。「労働者階級と貧困層は成長の果実を得ていない。ということは、経済のどこかが決定的にくるっている。ルールに則って一生懸命働けば報われる、という社会契約説が破綻している」

 

世界的な貧富の格差の広がりの原因の1つは、経済システムが権力者だけを利するような仕組みになりつつあるからだとオックスファムは言う。2009年以降、アメリカのCEOたちの報酬は54.3%上昇し、一方で賃金は頭打ちだった。また米シンクタンクの経済政策研究所が昨年6月に出したリポートによると、CEOたちの稼ぎは30年前と比べて10倍になった。

 

これらをみてみなさんはどのような感想を抱かれますか?

 

「え、そうなの!?」「そんなこと知ってるよ。だから何?」「こんな記事デタラメに決まっているだろう」「そう、だから私たちは戦わなければならない」・・・

 

一人一人観点は違うので、どの意見が正しいというわけではありませんが、正直この数字は"異常"であると言わざるを得ませんよね。逆にこんな情報が当たりに出るようになったんだな、というような感想も抱きます。

 

僕が数年前にジャマイカで感じたことはまさにいまの社会システムの歪みでした。当たり前に正しく素晴らしいと思っていた資本主義システムは、実は吸血鬼のような借金システムだったのです。そして僕はその社会に対する代案を探し求め、Noh Jesuと出会い、認識技術と出会い、いまの道を歩んでします。

 

もしいまの社会やいまの生き方に少しでも違和感を感じているのであれば、ぜひNoh Jesuと出会い、認識技術と出会ってみてください。必ずいままでもっていた問題意識が一気に解決していくことをお約束します。

 

諦めるのではなく、新しい一歩を踏み出していきましょう!

 

 

rtomizawa.hateblo.jp

rtomizawa.hateblo.jp

rtomizawa.hateblo.jp