読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"I am"ー尊厳ある社会の実現に向けてー

この世界とは何なのか、人間とは何なのか、自分とは何なのか。認識技術によって開かれる未来文明

"Noh Jesu"という韓国人が日本主義を語るということー太郎とはな子の物語ー

Noh Jesu

太郎とはな子の物語ーいがみ合う二つの家族ー

ある所のある時代に2つの家族があったとします。この二つの家族は先祖代々仲が悪く、何かあるとすぐにもめごとになってしまいます。そしてその両家に一人づつ子供が生まれました。太郎くんと、はな子ちゃんと名付けましょう。

 

太郎くんの家では、はな子ちゃんの家族がどれだけ悪い家族なのかを生れた時から教育します。逆にはな子ちゃんの家では、太郎くんの家族を馬鹿にする風習がありました。

 

 トラウマを抱えたはな子ちゃんー二度と癒えない傷ー

 

そしてある日はな子ちゃんの家族に敵が襲い掛かってきます。そこではな子ちゃんは家族を守るためにその敵と戦うことを決心しました。しかし残念ながら負けてしまい、逆に家族に大きな迷惑をかけてしまったのです。

 

そのことではな子ちゃんはとても傷つき、自分を責め"自分は悪いことをしたんだ"、"もう迷惑をかけないようにしよう"、"もうでしゃばるのはやめよう"と、心に大きなトラウマを抱えてしまいました。その傷はお医者さんに行っても治してもらうことはできず"もう一生治らないかもしれない"とまで言われてしまいました。

 

そして日々は過ぎ、心に残ったトラウマはもう無意識深くに埋まってしまい、もう智慧と勇気にあふれ、誰かのために力があふれてくる自分の姿など一切忘れてしまったのです。

 

太郎くん登場ー人生で初めての出会いー

 

そんな時です。先祖代々仲が悪く、何かあればはな子ちゃんの家族の悪口ばかり行ってくる家族の息子である太郎くんがはな子ちゃんのもとに来てこう言うのです。

 

”本当のあなたはそんなもんじゃない”と。

 

はな子ちゃんからしたらはてなマークがたくさん出てきますよね?"なんであなたがそんなことをいうの?私のことが嫌いなんじゃないの?"、"そもそも本当の私って何のことをいっているの?"・・・など。

 

はな子ちゃんの家族にそのことを伝えたとしても"そんなのウソに決まってるでしょ。なにか裏があるに決まってるじゃない"などとしか返ってきません。だからはな子ちゃんは太郎くんが言ってくることを無視することにしました。しかしそれでも太郎くんは伝え続けてきます。

 

"あなただけが全人類を救済できるんだ"と。

 

はな子ちゃんはもっと意味が分かりません。"こんな私が全人類を救う?この人はなにをいってるんだろう"と。それも家族に伝えると"きっと頭がおかしいのか、やっぱり裏があるのよ。だってあそこの家族はいつも嘘ばかり言ってくるじゃない"と。なので今度ははな子ちゃんの家族みんなで逆に太郎くんを馬鹿にするようになりました。それでも太郎くんは続けます。

 

"あなたが全人類を救済するための道具は開発したから、ぜひこれを使ってほしい"と。

 

とてもしつこくなってきたので、はな子ちゃん一家は太郎くんを馬鹿にするだけではなく、だんだんいじめ始めます。"こいつは嘘つきだ"、"私たちを騙してなにかしようとしているつもりだ"などと言って。どんどんいじめはエスカレートしていきますが、太郎くんの態度は全く変わりありませんでした。

 

少しづつ太郎くんを理解し始めるはなこちゃんー自分の固定観念の破壊ー

 

そうしていくと次第にはな子ちゃんは少しづつ太郎くんを理解しようと思いはじめました。なぜならば、太郎くんがはな子ちゃんの可能性を語るということが、太郎くんの家族にばれたら怒られるどころではなく、殺されてしまう可能性だってあるんだから。

 

自分の家族が"はな子ちゃんは素晴らしいんだよ"と言ってくれることや、別の家族の人が"はな子ちゃんはもっと自分に自信をもっていいんだよ"などと話してくれる人はいましたが、こんなに多くの人に馬鹿にされても、信じてもらえなくても、殺される可能性があっても、自分の可能性を語ってくれる人をはな子ちゃんはいまだ出会ったことはありませんでした。

 

少しづつ、少しづつはな子ちゃんは太郎くんの言っていることを理解する心が大きくなりましたが、なかなか理解することは難しいようです。それくらいはな子ちゃんが心の奥深くに持っている傷は大きく深く刻み込まれているのです。それでも太郎くんは続けまし。

 

"私の命を懸けてあなたを目覚めさせる。それが私の使命だから"と。

 

Noh Jesuという人物像ー誤解を受け続けた20年ー

 

ここまでを通してあなたはどんなことを感じましたか?あなたがはな子ちゃんだったらどう感じますか?あなたが太郎くんだったらどう感じますか?そしてあなただったらどうしますか?

 

Noh Jesuは本当に多くの日本人に誤解されています。僕は誤解が悪いものとは思いませんし、誤解してしまうのは人間の構造上仕方がないことだとも思っています。なぜなら、アメリカの思想家”エマーソン”が語るように歴史上の偉人たちは常に誤解され続けてきたのです。

 

誤解されるのはそんなに悪いことだろうか。ピタゴラスは誤解された。そしてソクラテスも、キリストも、ルターも、コペルニクスも、ガリレオも、そして、ニュートンも。そして古今のあらゆる清純で賢明な魂も誤解を受けた。偉人は常に人々に誤解される。[エマーソン]

 

しかし自分の先入観や、周りの意見によって、自らの思考によってではなく相手を誤解し続けてしまうことほど悲しいことはないと思います。そしてNoh Jesuは20年間誤解し続けられています。

 

一人の人間としての出会いーNoh Jesuとあなたー

 

韓国人としてのNoh Jesuではなく、日本人としてのあなたでもなく、今の時代に生きる一人の人間としてぜひNoh Jesuと出会ってほしい。そして彼の言葉に、彼の思いに、彼の意志に、耳を傾け、感じてほしい。その深くて広い心を。

 

数年前の僕は日本に可能性など一ミリももっていませんでした。だから海外に出て、仕事をしようとすら思っていました。日本が好きではありませんでした。むしろ嫌いだったかもしれません。もっと言えば世界全体の未来に対しても希望は抱いてしませんでした。

 

しかしNoh Jesuと出会ったいまのぼくは、日本の未来に、世界の未来に希望しか見えません。いまの絶望や危機が未来の希望のためにあることがNoh Jesuと出会い理解できたからです。日本の使命が、日本の可能性が見えたからです。

 

ぜひ一人でも多くの日本人にこの思いを共有したい。この希望を分け与えたい。そしてともにこの日本から新しい時代を作りたい。その思いでいっぱいです。そのためにもNoh Jesuという人間と出会ってほしい。

 

 

rtomizawa.hateblo.jp