20代からの"而立(じりつ)"のすゝめ

様々な人に出会い、様々な本を読み、実践してきたことを元に、色々な角度で表現いていこうと思います。

おんなとおとこー正直ぼくはいまの社会が好きになれないー

僕が昔からよくわからない感覚があった。それがこの記事に書いてあった。

www.huffingtonpost.jp


 

痴漢をされた側が悪い、っていう考えはどういう背景からそういう考えになるの?
性差別、性暴力が悪ではない、っていう考えはどういう背景からそうなるの?

 

こういう話題ってセンシティブなのかな?わからないや。

 

正直僕は無意識深くは男性が好きではない気がする。支配欲の塊で、いつも誰かを従わせようとするから。だから僕は僕の中にある男性性、支配欲もあまり好きになれなかった。

 

いつもマイノリティは排除されていく。弱者は排除されていく。本当は彼らこそ強者なのに。

僕はそんな社会が好きになれない。いや、嫌いだ。心底嫌になる。

 

誰もが生きやすい、誰もが花開くことができる社会を創りたい。

 

僕も男性だから、女性の大変さは少ししかわからない。それがちょっとこういうことをアウトプットする時は引け目に感じちゃうな。お前なんかに何がわかるんだ、って言われちゃいそうで。

 

でも、それもそうだなって思う。多分それくらい大変なんだと思う。

 

いつか本当の意味で、性を超えて分かりあえる社会を創りたいな。男も女も超えたところで関係性を作れる社会を。