20代からの"而立(じりつ)"のすゝめ

様々な人に出会い、様々な本を読み、実践してきたことを元に、色々な角度で表現いていこうと思います。

人工知能への懸念はたった何十年先ーせまるタイムリミット、人間の手から離れゆくテクノロジーー

japan.cnet.com

 

上記記事で驚いたことがあった。

 

僕自身これからの時代、人工知能のこと抜きでは新時代は語ることができないと思っている人間で、なので様々な人が人工知能に対してどのような見解を持っているのかはかなり気にしてきた。

 

その中でどちらかというと人工知能に対して楽観視してると感じているグーグルの研究者たちが

 

 「この分野の研究者たちは、その点についてあまり考慮していないと思う。このような懸念が出てくるのは何十年も先の話だろう」 

 と発言したのだ。

 

僕はこの言葉にとても驚いた。彼らは映画の世界が"何十年後"に起こる可能性を示唆したのだ。

 

そして僕にとってこの"何十年"はとても近く感じる。なぜなら記憶に新しい"人工知能とプロ棋士囲碁の対決"だ。

 

www.nikkeibp.co.jp

 

実は人工知能囲碁で勝利を収めることは、もっと先を予想されていた。それこそ10年以上の。しかし現にこの勝利は予想を大きく上回る速度でもたされた。

 

これを見てもわかるようにすでにテクノロジーは僕たち人間の手を離れつつある。

 

こんな今の時代に何が必要とされているのでしょうか?