20代からの"而立(じりつ)"のすゝめ

様々な人に出会い、様々な本を読み、実践してきたことを元に、色々な角度で表現いていこうと思います。

平和と戦争の戦いー百戦錬磨の戦争にどう打ち勝つかー

www.huffingtonpost.jp

 

とても素晴らしい洞察の記事を読みました。恥ずかしながら著者の伊藤さんという方は知りませんでしたが、ぜひ今度お会いしたいと思いました。

 

実社会には「正しい論理」というのがたくさんあります。数学や物理の世界のように、正解はひとつではない。だからこそ、論理性の正しさを競い合う「プレゼンテーション」では、むしろ「争い」を助長することになってしまう。大事なことは、結論を摺り合わせるのではなく、お互いの前提を摺り合わせることが必要で、それが「コミュニケーション」ということなのです。

 

ぜひ皆さんもじっくりと読んでみてください。そして感想を聞かせて下さい!