読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"I am"ー尊厳ある社会の実現に向けてー

この世界とは何なのか、人間とは何なのか、自分とは何なのか。認識技術によって開かれる未来文明

人間として生まれて。

僕らは生きている。

この荒波のような時代を。

押し寄せてくる沢山の情報、約束、決まりごと。

何度も襲われた当たり前という名の鎖。

詰め込まれた小さな箱。

とても苦しかった。
そこから抜け出したくてたまらなかった。

でもどこにも逃げ場はなくて、だから僕は自由を、希望を諦めた。

そんな時代に生きる多くの仲間たち。

希望を持てる者、持てない者。

両者に大した違いはない。すこし生まれた環境が異なるだけだ。ただそれだけ。

もし僕たちが人間として生まれたのであれば、人間として持ち得る最大限の幸福を、歓喜を、至福を味わいたいとそう願う。

僕たちはただ過去の習慣に負けているだけだ。過去から脈々と続いている、我々の習慣に。

手に入れることは難しい。でもそれ以上に難しいのは捨てることだ。

それなのであれば僕らは何かを捨てなければならない。今以上の幸福を、歓喜を、至福を味わいたいのであれば。

もう準備は整っている。

いざ、人間の完成形を描きにいこう。