読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"I am"ー尊厳ある社会の実現に向けてー

この世界とは何なのか、人間とは何なのか、自分とは何なのか。認識技術によって開かれる未来文明

北海道に生まれて。北海道で死んで。ー北海道の歩みー

f:id:rtomizawa:20160812160050j:plain

 

昨日、北海道の歴史を学ぶために「北海道博物館・開拓の村」に訪れました。とても立派な建物で、まるで海外の歴史博物館を訪れたような気分でした。

 

遠い昔から、近代史、現代史・・・どのような経緯を辿りいまの「北海道」となったのかをとても細かく理解できるようになっていました。

 

そこで感じたことは二つ。

 

「北海道はほとんど外国」ということと「北海道は開拓の歴史」ということでした。特に僕の頭の中では、北海道は本州と同じ分類にするよりも、「朝鮮半島・台湾・沖縄」などど同じ分類にしたほうがしっくりくる気がしました。

 

本州とは自然環境の異なる北海道という地は、この国独自の道を歩んできていました。その歩みが北海道の方々のプライドでもあるように感じました。そしてそのように見たときに北海道の理解が進みました。

 

そして開拓の歴史。

明治以降に北との領土の争いに負けないように強化された北海道。その地を開拓した誇り高き侍たち。そして北海道大学の偉大な歴史的価値。道無き道を歩んだ北海道。まさにこの歴史は現代に生きる我々にとって大きな希望と感じました。

 

北海道の希望と涙。

この北海道の可能性を花開いていきたい、と強く思いました。

 

北海道民の心、もっと知りたくなりました!!