20代からの"而立(じりつ)"のすゝめ

様々な人に出会い、様々な本を読み、実践してきたことを元に、色々な角度で表現いていこうと思います。

僕が嫌いな事と腹が立ってる事とやりたい事ークソみたいな社会と政治家と若者ー

僕は嘘つき政治家が嫌いだ。

僕はお金のことしか考えない拝金主義者が嫌いだ。

僕は子供を画一化する機械のような教師が嫌いだ。

僕は子供を自分のものとしか考えない親が嫌いだ。

僕は噂ばかり立てて、人を蹴落とすことしか考えない性悪が嫌いだ。

僕は透明性のないこの社会が嫌いだ。

誰かの利益を中心として回るこの社会が嫌いだ。

僕は偏見が嫌いだ。

僕は独断が嫌いだ。

僕は仲間はずれが嫌いだ。

僕はWIN-LOSEが嫌いだ。

 

なぜいつも弱者が痛い目に合わなければならないのか。

人は皆平等だというが、どこが平等なのだろうか。

 

生まれた環境も違う。

育った環境も違う。

ましてや学校に入れば、教師の扱い方も違う。

その先の道だって違う。

何を平等だというのだろうか。

なぜそんな綺麗ごとを話すことができるのだろうか。

 

人は皆自由だという。

何を自由だと言っているのだろうか。

 

こんなにもお金にも、環境にも、考えにも縛られた世界のどこを自由というのだろうか。

 

「◯◯と比べたら断然自由じゃない」というかもしれない。しかし、それは本質から大きく逸れた意味のない討論だ。本当の自由とは、何かと比較するものでないし、そもそもその討論をする人間ば「自由とは何か」を知っているのだろうか。

 

本当にこの社会に腹が立つ。

正直に言えば、もっとも腹がたつのは政治家だ。

 

別に僕は結論に対しての文句はそこまでない。どの政策も一長一短あるし、それはとりあえずよしとする。

 

僕が腹が立ってるのは、その結論までのたどり着き方だ。本当に不誠実で、湾曲で、ねじ曲がった根性をしているとしか思えない。

 

自分たちの意見を通すためだけに、誤魔化すし、嘘も平気でつく。

 

「おい、お前の意見に本気で自信があるなら正々堂々と戦え」と思う。本当に腹が立つ。お前らは国を代表してるのに、なぜそんなに弱腰なんだ。正々堂々と戦えないのか。

 

国民は騙せばいいと思っているのか。お前らは国民の代表であって、国民の意見を通さなければならないのではないのか。ふざけるな。本当に物申してやりたい。

 

国民が政治に関心がないなら呼び戻さなければならないし、国民が意思決定のレベルが低いならあげなければならない。あんたらやることが違うんだよ。

 

予算の使い方だってそうだろ?だれも文句言わないし、使わないなんてもったいない、の心でとりあえず過去の習慣でじゃぶじゃぶお金使ってるだけじゃないのか。本当にレベルの低いところでやりとりするなよ。こんなんじゃ、政治に関心持たなくなるのは当たり前だろ。何一つ面白くないわ。

 

誠実さのかけらもない、ひとっつも憧れない、討論では机上の空論しか話さない。政治家の言葉で本気にしていい言葉なんて何もないと俺は本気で思ってしまっているんだよ。あんな公式的な場では、とりあえず形だけの建前しか話さないだろう、としか思ってないんだよ。

 

もうそんなのうんざりだよ。本音でやりあおうよ。背負ってるもの全部捨ててさ。

 

俺はど真ん中に勝負したい。全部貫きたい。教育も経済も政治も変えたい。もっと透明性があって正当性があって信頼性がある政治に戻したい。そんで世界に誇れる日本にしたい。そのために日本から世界をリードできる人間を育てたい。それが俺の夢。

 

もう、交代しよう。世代交代だよ。俺らがだらしないから彼らがやってるんだよ。彼らの出番がないくらいまでやっちゃおうよ。

 

おい20代、立ちあがろうぜ。