読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"I am"ー尊厳ある社会の実現に向けてー

この世界とは何なのか、人間とは何なのか、自分とは何なのか。認識技術によって開かれる未来文明

若者が死んでいくー社会は一体どんな人間を育てたいのだろうかー

若者が死んでいることが気になる。立ち上がらないことが気になる。

 

「人生なんてこんなもん」

「とりあえず目の前さえ過ごせればとりあえず今がよければ」

「周りがこういうから」

 

視野が狭く、自分で考えられず、人と関係性を作るのが苦手な人が増えてる。なんでだろう?

 

「全体像が見えない」

「思考方式がわからない」

 

きっと言われたことしかやったことないって人が大半なんだろう、って思う。

 

「失敗するチャンスもない」

 

失敗して学んで改善していくのが人生なのに、失敗が許されない。正解こと第一。違うじゃない?大事なのは、「自分で考えて実行」してみることなのに。「失敗したら人間失格」みたいな雰囲気。これおかしくない?

 

社会が緊張しすぎだし、大人たちが緊張しすぎだし。若者に寛容でないよね。育てる気があるんだろうか。育てたいというならば、どんな人間を育てようとしているのか?今の雰囲気はどうみても「言われたことを正確にできる人間」を育てたいだけだと思う。自ら思考し、自ら行動する人間を育てる気は毛頭ないと思う。

 

若者が死んでいく。若者が殺されていく。

 

こんな社会、僕は許せない。