読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"I am"ー尊厳ある社会の実現に向けてー

この世界とは何なのか、人間とは何なのか、自分とは何なのか。認識技術によって開かれる未来文明

この現実はスクリーンであり、錯覚であるーたくさんの過ちを教え込んできた人間社会ー

※一言日記

 

この現実は脳が作り出したスクリーン画面だ。原因ではなく結果態。この現実は全て錯覚であり、真実などどこにもない。そして一人一人がこのスクリーン画面を立ち上げている。

 

生も錯覚。

老も錯覚。

病も錯覚。

死も錯覚。

 

全てが錯覚なのだ。脳が作り出したスクリーン画面。しかし人たちはそれを真実という。それを絶対という。その錯覚に縛られている。

 

自分が作り出した自分の現実画面なのだ。

 

地球があると思う。太陽があると思う。相手がいると思う。自分がいると思う。それは全て錯覚なのだ。真実は一つもない。あなたの思い込みの世界。

 

相手には相手の思い込む世界があり、自分には自分の思い込む世界がある。そして人間共通で思い込んでいる世界がある。存在全てで思い込んでいる世界がある。人間はこの思い込んだ世界から自由になれない。

 

ではこの現実が真実でなく、スクリーン・錯覚であるならば、真実とは何なのだろうか、スクリーン・錯覚を生み出す素材とはなんなのだろうか。この世界の根源とはなんなのだろうか。

 

人間は今までこのことを知らずに生きてきた。夢の中で生きてきたのだ。自分が何者かもわからずに。人間が何者かもわからずに。現実が何なのかもわからずに。まるで自分が白鳥であることを知らないアヒルのように。

 

社会はたくさんの過ちを人間に教え込んできた。たくさんのバカなことで人間を洗脳してきた。自分の都合の良いように。自分のすごさを主張するために。それらが世界をおかしくしてる。たくさんの過ちを一掃させ、本物社会を作らなければならない。本物人間を作らなければならない。

 

人間が苦しむ原因を。人間が愛しあえない原因を。人間が争い合う原因を、一掃しなければならない時代。人間はたくさんのひどいことをしてきた。それが人類歴史。それを一掃させなければならない。

 

そんな時代。

 

rtomizawa.hateblo.jp

rtomizawa.hateblo.jp