読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"I am"ー尊厳ある社会の実現に向けてー

この世界とは何なのか、人間とは何なのか、自分とは何なのか。認識技術によって開かれる未来文明

真実を洞察可能な「イメージ言語」ー心が元気になる時代へー

※一言日記

 

この現実がスクリーンであるならば、真実とはなんなのか。それは人間の脳では観測できない、とてもダイナミックな一つの動きである。

 

なぜ脳では認識できないのか?そのためには脳のくせを理解する必要がある。人間の脳は「全体・共通」を認識することができない。逆に言えば「部分・違い」しか取れないのだ。

 

その一つの動きとは全体の動きであり、脳では観測不可能な動きなのである。だから、今まで人類はその真実に気づくことができなかった。そもそもの観測道具が間違えていたのだ。この、脳で真実を捉えようとすること自体が過ちだったのだ。

 

脳では絶対に到達することの出来ない領域、それが真実なのだ。すごい世界だ。

 

だから人類はそのことに気づくことはなかった。この世界しか知らなかった。この世界を作り出す真実に気づかなかった。脳で認識できない世界があるなんて想像すらもしなかった。

 

唯一その世界を観た人たちが歴史上の偉人となっている。ソクラテス、イエス、釈迦い、老子孔子・・・

 

しかし彼らは人たちをそこへ導くことができなかった。人たちを無の領域へ案内することができなかった。真実の世界へ案内できなかった。なぜならその道具を開発できなかったのだ。その領域を活用する言語を開発することができなかったのだ。

 

この現実で使う自然言語

この世界を数字で表す数学言語。

IT空間で使うプログラミング言語

この宇宙の外を活用するイメージ言語。

宇宙の中と外を行き来するイメージ言語。

 

僕たちが世界の裏側と通信するための道具はインターネット。

早い時間で移動する道具は車・新幹線・船・飛行機。

この現実を認識する道具は5感覚脳。

では宇宙の外、真実を認識する道具は?それがイメージ言語。

 

もうその道具、その教育、その言語が20年の月日を経て完成した。私たちは真実を知る時が来た。過ちを繰り返す時代は終わりだ。500万年の洗脳から自由になる時が来た。

 

苦しむ時代は終わった。争い合う時代は終わった。新しい時代の幕開けだ。脳が認識不可能な世界を認識する時代が来た。新しい時代の幕開けだ。人工知能と共存可能な時代が来た。人間の新しい仕事が生まれる時代が来た。

 

この体を便利にする時代から、心が元気になる時代へ。

 

 

rtomizawa.hateblo.jp

rtomizawa.hateblo.jp