読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"I am"ー尊厳ある社会の実現に向けてー

この世界とは何なのか、人間とは何なのか、自分とは何なのか。認識技術によって開かれる未来文明

「呼吸」を題材に「生き方」の話をー「常識」に縛られず、「主体性」ある自分の人生を歩むためにー

f:id:rtomizawa:20170304151002j:plain

※所要時間:4分〜6分(約2500字)

 

あなたが呼吸するために必要なのは、「自分だけ」だと思っているだろうか?

 

もしそう思っているならば、大きな勘違いだ。

 

そもそも呼吸とは

 

そもそも「呼吸」とは、「酸素」を体内に取り入れ、「二酸化炭素」を体外へ出す一連の作業のことを指す。呼吸ができなければ、人間が生きていけないことはだれもが理解していることであると思う。

 

では、呼吸をするために必要な要素とは何であろうか?

 

呼吸のために必要な酸素

 

まずあなたが体内に取り入れる要素である「酸素」は「植物」がなければ存在不可能だ。ということは、僕たち人間は「植物」がなければ「存在していない」ということになる。

 

では、植物が存在するために必要な要素とは何であろうか?

 

酸素のために必要な植物

酸素を生み出す「植物」が存在するために必要な要素とは、土、水・・・などであり、総じて言えば「地球」である。「地球」という存在がなければ、「植物」は存在不可能であり、「人間」も存在不可能ということなる。

 

では、地球が存在するために必要な要素とはなんであろうか?

 

植物のために必要な地球

 

「地球」が存在するために必要な要素は、端的に言えば「宇宙」であろう。太陽系や銀貨系などもいうことができるが、記事がただ長くなり、読者の皆さんを飽きさせるだけなのでやめておく。

 

宇宙があるから、地球は存在することができる。だから、植物も人間も生きられる。

 

地球のために必要な宇宙

現代社会の思考方式では、自他を完全に分離させ、「自分と宇宙は関係のないもの」とすることがほとんどだが、よくよく考えてみれば、自分と宇宙全体は「常に相互作用している状態」である。

 

実はあなたの呼吸は、今この瞬間に「宇宙全体のバックアップ」があるから可能なのである。宇宙ビックバンの力、地球の自転公転の力など、それらが全て影響しあって、あなたの周りに酸素が溢れ、あなたが呼吸を起こし、酸素を取り入れることができている。

 

なので実は、宇宙を動かす力と、あなたが呼吸する力は全く同じなのだ。

 

ではここで一つ考えなかればならないことが来る。それは「宇宙を動かす力はどこから来ているのだろうか」ということだ。

 

宇宙全てを動かす力とは

 

このことは全人類が求め続けてきた答えだ。それを物理学者は「第5の力」とよび、宗教家は「神」とよび、老子は「道」と呼んだ。私たち人類はこの「力の秘密」が知りたいのだ。

 

そしてあなたがこの「力の秘密」を理解してしまった時に、人生は一変するであろう。

 

かの歴史的第天才ニュートンは、この切れ端を人類史上もっともはじめに発見し、人たちに共有した。それが「重力方程式」だ。今までは「神」という抽象的概念によって、この世界を理解していたところから、「法則」によって、この世界を理解することに成功した。

 

そしてその時をきっかけとし、「科学」は飛躍的進化を遂げ、現代社会のIT技術の加速度的進化に至った。しかし、ニュートンアインシュタインが解き明かしたのは「宇宙の秘密」であって、「宇宙を成り立たせる秘密」には到達できなかったのだ。

 

そして彼らが説いたのは、「宇宙の極めて部分的な謎」な話であり、「宇宙全体の謎」を解き明かすことには成功していない。そのことが結局は、現代社会の行き詰まりとなってしまっているのだ。

 

私たち人類は「答え」を知ることはできるのであろうかーニュートンアインシュタインも到達できなかった領域へー

 

では我々人類はその「力の秘密」「宇宙を成り立たせる秘密」を解き明かすことはできるのであろうか。

 

答えは「yes」だ。

 

しかしその秘密を理解するためには、知らなければならない「2つのこと」がある。

 

答えを知るために理解しなければならないことー原因と解決策ー

 

一つ目は、「なぜ我々人類はその答えを知ることが出来なかったのか」という「原因」である。

二つ目は、「ではどのようにすればこの世界を理解することができるのか」という「解決策」である。

 

このことについは、"Noh Jesu"という人物が20年かけて開発した「認識技術」というものによって、誰もが理解可能な状態になっているので、ぜひそちらを学んで欲しい。3日間のセミナーによって、全体像を理解できるようになっているが、そこまでの時間を取れない人は、僕なりにではあるが大まかに記事にしてあるので、そちらも参考にして欲しい。

 

rtomizawa.hateblo.jp

 

 

では、この技術が開発されたことによってどのような変革が起こるのだろうか?「答えを知る」とはどのようなことなのであろうか。

 

そのことの個人的変化も記事にしてあるので、参考にして欲しい。

 

rtomizawa.hateblo.jp

 

 

皆さんに伝えたかったことー「常識」を疑い、「主体性」ある人生をー

今回の記事で皆さんお伝えしたかったことは、「常識を疑え」ということであり、「自らの主体性で思考しろ」ということだ。

 

今回の題材は「呼吸」であった。この呼吸一つとっても、社会一般で教えていることは「ほんのごく一部」である。これは「呼吸」を例にしただけで、実は全てにおいて同じことが言える。「仕事」「生き方」「人生」「お金」「愛」・・・・・

 

だからこそ社会のいいなりになるのではなく、「自らの主体性」によって「自らの人生」を歩んで欲しいと思う。社会はたくさんの「常識・規定」をあなたに押し付けてくる。それが悪いわけではない。それに「縛られてしまうあなた」が問題なのだ。だからこそ、それらの「常識・規定」は「参考程度」にして、「あなたの力であなたの人生」を歩んで欲しい。

 

とは言っても、なかなかそれをすること自体が難しいと思う。なので、ぜひその道具の一つとして「認識技術」を活用してもらえればと思う。あなたが本当に「主体性ある人生」をある見たいと思うのであれば、認識技術は最高の道具となることは間違いないと言える。

 

では、ぜひ「主体性ある人生」を。

 

rtomizawa.hateblo.jp