20代のうちに知るべきこと、やるべきこと、希望すべきこと

様々な人に出会い、様々な本を読み、実践してきたことを元に、色々な角度で表現いていこうと思います。

奮い立たされましたーザッカーバーグのハーバードの卒業式スピーチー

 

 

keizokuramoto.blogspot.jp

 

とても印象的だった言葉は、「僕ら世代の課題」という言葉。

 

じゃあ僕らは何を待ってるんですか?「僕らの世代の課題」に取り組むべき時です。数百万人の人々をソーラーパネルの製造と設置に巻き込んで、気候変動問題を止めるというのはどうでしょう?すべての病気についてボランティアを募って彼らのヘルスデータと遺伝子データを集めるというのは?今日僕らは病気になる前に診断して対処するよりも50倍以上もの費用をかけて治療をしています。そんなことは馬鹿げていますね。なんとかしましょう。 

 

すべての世代が、「平等」という言葉の定義を押し広げてきました。上の世代は、投票権公民権について戦った。それらはニューディール政策とグレイトソサエティ政策に結実しました。今、僕らの世代が僕らの世代の新しい社会契約を結ぶべき時なのです。

これからは、GDPのような経済的指標だけでなく、どれだけ多くの人間が、意味のあると感じられる人生を送れているか・・といった指標で社会の進歩を測っていくべきです。だれもが自分の新しい挑戦ができる余地が与えられるような、ユニバーサルベーシック・インカムのような制度が検討されるべきだ。 

 

多くの先人たちが「自分たちの世代の課題」を突破してきた。そうであるならば「僕たち世代の突破すべき課題」とは一体なんなのでしょうか?

 

いま我々が取り組むべきはなんなのでしょうか?

 

僕は「すべての問題の根本原因の解決」であると確信しています。