20代からの"而立(じりつ)"のすゝめ

様々な人に出会い、様々な本を読み、実践してきたことを元に、色々な角度で表現いていこうと思います。

日米地位協定に関する講演会に参加ー前泊博盛氏の講演を聞いてー

日本人よ。

なんと情けないのだ。

なんと腐っているのか。

 

私たちは、一度は恒久世界平和を夢見た魂を持っているのではないか。

私たちは、一度は大義を元に集った魂を持っているのではないか。

私たちは、世界チャンピオンに二度に渡りチャレンジしてきた魂を持っているのではないか。

 

なんと悲惨な現状なのか。

なんと情けない現状なのか。

今一度立ち上がる気力すら失ってしまったのか。その魂すらも失ってしまったのか。

 

私はそうではないと思う。

今一度立ち上がるために準備をしてきたのであると思う。準備が整うまで耐え忍んできたのであると思う。

 

「世界を洗濯し候」

 

日本の仕事をする時が来た。それが我々日本のゆとり世代が請け負うべき使命であると思う。

 

あらゆる問題を突破し、人類の黄金時代へ。さあ、行こう。

 

昨日の講演会を開催していただいた、「本土に沖縄の米軍基地を引き取る福岡の会」の方々、並びに講演をしてくださった前泊先生には多大なる感謝を申し上げます。

 

とても充実した内容で、本当に勉強になりました。またご機会あれば参加させていただきたいともいます。

 

dot.asahi.com