生き方リサーチ.com

新たな視点から、あなたの元に、 あなたの人生を取り戻すウェブメディア。

なぜ、あなたはビル・ゲイツ氏になれないのか。

f:id:rtomizawa:20180311163336j:plain

※約16分(約8000字)

zuuonline.com

 

別に全人類がビル・ゲイツ氏になりたい訳ではないと思いますが、分かりやすいと思ったのでそう書きました。

 

私が伝えたい本意としては、「なぜあなたは憧れのあの人になれないのか」という事です。だからそれが孫正義かもしれないし、アインシュタインかもしれないし、イチローかもしれませんが、それは読者の皆さんにお任せします。なので文中に出てくる「ビル・ゲイツ」という単語はそういう意味なので、みなさんが勝手に解釈してもらって大丈夫です。

 

そしてこの記事は「努力し続けろ」とか「諦めるな」とか、そういう方向の内容でもないのでご了承ください。

 

まずは結論から

それでは本題に入りましょう。

ちなみに、皆さんは何故多くの人がビル・ゲイツ氏に憧れているにも関わらず、世界にはビル・ゲイツ氏のような人が溢れていないのだと思いますか。

 

実はこの結論はとても簡単で「その人たちがビル・ゲイツ氏ではないから」ですよね。

 

まず始めに「ビル・ゲイツ氏」の定義から

少し深めていきましょうか。

そもそもこの命題を考える時に考慮しなければならない事は、「何をもってビル・ゲイツ氏と言えるのか」という点です。

 

これについてはいくつか切り口がありますが、今回は「ビル・ゲイツ氏の意識構造」にフォーカスを当てようと思います。というのも、彼がここまで人たちに憧れられている要因は、彼の資産額や、先見の明など様々かと思いますが、それらを成立させる大きな要因は彼の意識構造(平たく言えば性格)があったと思います。彼の人間力といってもいいですね。

 

運さえあれば多くの資産を築くことも可能でしょう。(例えば宝くじ、財産贈与)しかし、先見の明を持って、事業を成功し続け、資産を増やす続けるには、運だけではまかり通らない彼の意識構造が最も大きな要因であるとここでは考察します。

 

ということで命題は「何故あなたはビル・ゲイツの意識構造を持つことが出来ないのか」へ

なので命題をもう少し細分化すると「何故あなたはビル・ゲイツの意識構造を持つことが出来ないのか」となります。少し具体的になってきましたね。

 

間違えやすい次の問い。本来持つべき問い。

ではここから本格的に真相に迫っていきます。

次に考えなければならない事は「ビル・ゲイツ氏の意識構造はどのようになっているのか」という話に行きがちですが、それは問いを誤っている典型的な例です。その前にそもそもろんで考えなければならない事は、「人間はどのように意識構造が形成されるのか」という点です。上記の問いは、その次に考えるべき事です。

 

とても重要な問い「人間はどのように意識構造が形成されるのか」

では、早速「人間はどのように意識構造が形成されるのか」について考えていきましょう。

 

これについては多くの論争が予想されますが、今回は私が考察する記事ですので、私なりにもっとも納得がいく考え方で進めていきます。

 

人の性格を決定する3つの要因

多くの情報を元に考えると、人の性格を決定する要因は大きく分けると以下のようになります。

 

①遺伝子

②生まれ育った環境

③その中でしてきた経験

 

よく言われているのは、①が50%で、②③で残り50%が決定されるというようなこと。その割合は変わってきたりもすると思いますが、そこらへんは皆さんの想像にお任せします。

 

意識構造を形成する両親の多大なる影響

そしてそれぞれの要因について見ていくとその人の意識構造を形成する大きな要素が見え隠れしますよね。

 

おそらく皆さんもお察しかもしれませんが、それは両親の存在です。

 

①はもちろん両親の遺伝子なので、両親の影響がとても大きい事はお分かりかと思います。もちろん両親のどちらの遺伝子をどの程度受け継ぐのか、などの差異はあれど、全く違う人間の遺伝子を受け継ぐ事はないので、やはり意識構造の形成を遺伝子的に見ても、両親の影響は大きそうです。

 

②に関しても、特殊なケースを除けば、幼少期に過ごす環境は大半が両親に依存します。これに関しては日本的な核家族であればそもそも接する人が両親だけになりますが、もっと大人数の家族や田舎などであればもっと大人数と過ごす事はありますが、どちらにしろ、どんな環境で育つのか、を幼少期に自分自身で選択する事はとても難しいです。

 

例えば、「どんな同年代の友達と過ごすのか」に関しても、両親の住んでる地域、通わせる学校、などが大きく関係します。これは結局両親の経済力や、教育方針によって変わってきますよね。「幼少期に付き合うことのできる大人」に関しても、両親の親戚、両親の友達付き合い、などによって変わってきます。

 

ここまでを見ても、自分自身の意識構造の決定に、両親がとても大きく影響していることがわかると思います。

 

あなたの意識構造の形成には、あなたの意志はほとんど介在しない

 そしてその①②の大半があなたの意志とは関係なく決められた中で、①の遺伝子を持ち、②の環境の中で、あなたはたくさんの経験(③)をし、その中で自分自身の意識構造をどんどんと形成していきます。

 

ここまでを見たときに、あなたの意識構造は、あなたの意志とはあまり関係なく形成される事が分かると思います。もちろん意識の中では自分が選択してきたと思っていることも多少はあるかもしれませんが、実際にはそういった事はほとんどありません。

 

あなたは車を運転させられている

なぜなら、あなたが選択してきたと思っていることの大半は、あなたが車を運転するときに、ハンドルを回すことで、自分自身が自由に車を運転していると錯覚していることと全く同じ構造だからです。

 

あなたが車を運転しているとき、実はあなたは自分の意志で運転しているわけではありません。実際は、あなたは道路に運転させられているんです。

 

どういうことかというと、あなたは道路という元々決められたルート、元々決められた選択の中で選択させられているだけで、あなたの意識の中での出来事と異なり、実際にはあなたは道路に運転させられているだけなんです。

 

もちろんこれは一種の例えなので、「アクセルやブレーキは自分で踏んでるよ」などと言う声もあるかも知れませんが、ただあなたは道路や信号に運転させられていることは事実だと思います。

 

決められた道路を走ってきたあなたの人生

そして実は、あなたの人生も同じような構造になってしまっているのです。

 

ここまでで共有したように、あなたはこれまでの人生の中で、①(遺伝子)と②(生まれ育った環境)と言う道路がほぼ決められた中で、多くの選択と判断と言うハンドル操作を行い、様々な経験(③)をし、自分の意識構造を形成してきました。このように実際にあなたの意識構造の形成にあなたはほぼ関与していないのです。

 

ここまでが簡単ではありますが「人間の意識構造の作られ方」の全体像と言えます。ちなみにこれは「良い・悪い」とかではなく、客観的構造を共有したいだけなのでご安心ください。

 

ここで実は一つの結論が出ています

どうでしょうか。

あなたが今この瞬間に浮かんでいる考え、感情、行動などもこのように①〜③によって大きく作られてきたことが少し理解できましたでしょうか。ここまでが理解できると次にステップに進むことがとても簡単になってきます。

 

次に考えるべき事は何でしょうか。

実はここで答えが出ていることがあります。それは「何故あなたはビル・ゲイツの意識構造を持つことが出来ないのか」と言う問いに対する答えです。

 

その答えば、上記を参考にすれば、「あなたがビルゲイツの①〜③を持っていないから」です。もっと平たい表現をすれば、ビルゲイツとあなたが「生まれ」と「育ち」が異なるため、あなたは彼の「意識構造」を持つことが出来ないのです。

 

とてもシンプルですよね。

そして次に考えるべきことが生まれます。

 

ちょっと待って。「意識構造は変えることができないの?」

そうですよね。世の中で騒がれている論争の中にこれもありますよね。違う表現をすれば「性格を変えることは出来るのか」です。

 

この答えは半分Yes、半分Noです。

 

この質問はいくつかの切り口がありますが、「変えられる範囲もあれば、変えられない範囲もある。そしてその範囲や方向性は人によって異なる」と言えると思います。そしてこれは誰もが納得する答えとしては、その範囲の大小に関わらず「性格を変えることはとても大変」ということです。

 

と言うことで、私の結論では根本的に人は変わらない

そして私の考えとしては人間は根本的には変わりません。

 

表層的な性格は変わったりするかもしれませんが、根本的にはその人はその人のままです。たまに「落ちこぼれが、性格を変えて成功した。だから性格は変わるんだ」と言う論点があったりしますが、これは「そもそもその人の意識構造がその方向性に変化する可能性を孕んでいた」と言うことだと思います。

 

それで言えば「誰もがその可能性を孕んでいる」とも言えますが、それは多分宝くじが何度も当たるほどの幸運と、常人では考えられないプロスポーツ選手が行うような並大抵ではない努力が必要かと思います。俗にいう奇跡というやつです。

 

そういう意味で私の結論は「人間は根本的に変わらない」ということになります。

 

ここまでを通して

ここまでが、私が考察する「あなたがビル・ゲイツになれない理由」です。

 

もちろん人類は72億人いますから、その中には「ビル・ゲイツのようになりやすい人」はいると思いますが、それもそもそもごく限られた「生まれ」と「育ち」の人です。

 

と言うことで、ここまでで「そもそも自分はビル・ゲイツと生まれも育ちも違うから、ビル・ゲイツにはなれないんだ」とビル・ゲイツになる望みが絶えた人、「こんな自分と一生付き合っていかなければならないのか」と落胆した人もいるかと思います。

 

しかし安心してください。この記事には続きがあります。

 

ビル・ゲイツになれないなら、何を目指したらいいのさ

そしてここから考えるべきは、次にあなたが目指す先です。

 

僕は別にビルゲイツを目指すこと自体をやめろ、といってる訳ではありません。僕が伝えたいことは「もっと優先して考えるべきことがあるよ」と言うことです。

 

これも実はここまでに記事に散りばめてはいるんですが、一言で言えば「自分のオリジナリティ」です。

 

なんで自分のオリジナリティが大事なの?

少し考えてみて欲しいです。

なぜあなたはそもそもビル・ゲイツになりたいんですか?何で今のままのあなたではダメなんですか?

 

多分色々な理由はあるかと思います。でも大半の人が、自分に対する劣等意識を持っていたり、自己価値が低かったり、自己肯定感の低さからきていることが多いです。もちろん今以上に事業を拡大させたり、多くの人への貢献意識から来ている人も多くいます。

 

しかし「ビル・ゲイツになりたい」と考える前にあなたが絶対に知らなければならないことがあります。

 

それは「自分がどう言う存在か(オリジナリティ)」と言うことです。

 

ちょっと壮大なイメージで自分のオリジナリティを考える

どう言うことかと言うと、人間の意識構造で触れた様にビルゲイツにはビルゲイツの意識構造があり、あなたにはあなたの意識構造があります。

 

これを少し引いた目線で見れば、あなたがビルゲイツになれない様に、ビルゲイツもあなたのにはなれないのです。

 

さらに引いた目線で言えば、ちょっと壮大なイメージになるかもしれませんが、人類歴史上、もっといえば宇宙137億年の歴史上、あなたと同じ存在は一つも誕生していません。そう言う意味でも実際のあなたは、宇宙の歴史上でも初めて誕生した存在と言えるほど、あなたにはオリジナリティが隠れているんです。

 

そう考えると少し感動しませんか?

 

でも実際には・・・

でも実際にそれを心から感じ、感動することはとても難しいと思います。なぜなら、現代社会の考え方がそうではないからです。

 

現代社会では、「こう言う人間が素晴らしく」「そう言う人間は落ちこぼれ」と言う基準点を設け、一人一人の人間のオリジナリティよりも、社会の秩序を重要視しています。もちろんそれが悪いと言いたい訳ではありません。そうすることで現代文明が発展して来たと思いますし、封建制度の時に比べれば、私たちは多くの自由を享受できていると思います。

 

しかし人類が進化によってそういった社会常識、そういった人間観では、どんどんと社会秩序を保つこと自体が難しくなって来ました。

 

人工知能の登場によるインパク

これは多くの人が論じていることですが、人工知能の発達は私たちの生き方を大きく覆すことになります。私たち人類は、これまでも科学技術の発達により仕事観が大きく変化しました。

 

例えば、今までは「洗濯が上手な人」が重宝された時代だったところに、洗濯機が登場し「洗濯が上手」と言う人の仕事が淘汰されました。今までの「切符切りの駅員」の仕事が「改札」によって淘汰されました。

 

この様に科学技術の発達は多くの仕事を「誰がやっても同じ」にしてしまいました。そして人工知能はそれ以上に「人間の仕事を代替」していきます。おそらくほとんどの「ルーティーン作業」は機械が行うことになるでしょうし、知的労働ももうしばらくすれば機会が行うようになるでしょう。

 

もう一つのビックウェーブ、世界化。

そしてそれに加えて、一人一人に大きく押し寄せる波として考えられることは、グローバリゼーションの影響です。

 

ここ近年、加速しているグローバリゼーションの流れが私たちに与えるインパクトは、「自分たちの雇用先を巡るライバルが莫大に増える」ということです。

 

現代においても、多くの日本の工場が海外に移転され、日本の雇用は空洞化されていますが、その流れはこの先確実に加速するでしょう。日本がどの程度、いつ頃、外国人労働者を受け入れるかは分かり兼ねますが、世界の流れを見ても時間の問題であることは明らかです。企業の利益のことだけを考えても、日本人を雇うメリットはどんどんと減ってくると思います。

 

ちなみに、ここら辺に関しては瀧本哲史さんの「ミライの授業」の序章でとてもわかりやすく書いてあるので参考にしてみてください。

 

ということで・・・・・

ということで、ざっくりとした要因を二つあげるだけでも、現代社会は今までと大きく違った方向に舵を切っている状態で、今までの延長線上で秩序を保っていくことはほぼ不可能でしょう。

 

今まで通り進めば、貧富の格差の開きが甚大になり(今でも凄いのに)、まるで中世のヨーロッパ状態ではないでしょうか。飢餓、犯罪の蔓延の予感プンプンですね。

 

先に挙げた様に現代社会が排出する人間は、基本的にオリジナリティよりも秩序を重要視する人間ばかりですので、基本的に指示待ち人間、ルーティーンしかできない人間ばかりです。そしてそういった人間が行ってきた仕事や役割は、機械や後進国の低賃金の人たちの方がが行っていくことになるでしょう。

 

ということで、人工知能の発達と世界化によって、人間に求められる用途が確実に変わってきていることがお分かりでしょうか。

 

じゃあ、人間には何が求められているのさ。

本題から少し逸れてしましましたが、ここでやっと本題です。

結論から言えばこれからの時代に求められる人間の用途は「オリジナリティ」です。違う言葉で言えば「創造性(クリエイティビティ)」です。それは「今までにないことを生み出す力」です。

 

よく社会一般でも言われている結論かもしれませんが、誰が何を言おうとこれが本当に大事なんです。(その他にも社会性などもありますが、ここでは置いておきます)

 

ここまでを見てもわかる様に、誰かが出来る事は、もう誰もあなたに求めてないのです。いや、あと十年少しくらいは求められるかもしれませんが、その先は確実に用なしでしょう。

 

人より少し●●ができる、とかのレベルは確実に淘汰されませす。社内で1番●●が出来る、とかのレベルも危ないですよね。せめて日本で何番目に●●が出来る、とかでないと。相手は世界だし、人工知能ですからね。

 

更にいうと、生み出し続けないとならない。

そしてもっというと今●●が出来る、とかはすぐ意味がなくなります。インターネットで世界が繋がってますから、すぐにそのコピーが生まれます。ペッパー君のクラウド機能とかいい例です。彼ら、コピーめっちゃ上手です。

 

という事で、大事なことは「生み出し続けること」です。そうでなければどう見ても淘汰されるか、生活保護です。まあこういう理由でベーシックインカムの必要性が訴えられている訳ですが、今回の本題ではないので置いておきます。

 

ということで、これからの時代に何より求められることは徹底的にあなたのオリジナリティです。クリエイティビティです。今までにないことを生み出す力です。そう、これまでの社会とは全く真逆の世界がこれから待っているんです。

 

そんな時代に、周りの目を気にして、自分の意見を主張しないとか、周りに合わせるとか、相当ナンセンスな話です。「みんながこれをやってるからこれをやる」とかほんとヤバイです。

 

今までの秩序に従ってたら確実に詰みます。明治維新が起こったのに、いまだに刀を振り回しているようなもんです。もう時代は軍艦ですよ!って感じです。

 

とはいえ、どうしたらいいかわからない

そうですよね。僕もそうでした。

どうしたらいいか考えるのは大事ですが、まずは何よりこの現在地を理解することがとっっても大事です。

 

気づいてる人も沢山いますが、気付いていない人はその1万倍以上います。そして「自分は気付いてる」って言っている人の大半は、頭で理解してるだけです。そいういう人の話は気にしなくていいです。しっかり自分とつなげて理解してください。

 

そうすればあなたの行動が変わります。あなたの考えが変わります。あなたの日常が変わります。

 

そうすれば、確実にあなたの未来は変わります。

 

そして、ここからも大事。

このことを理解したら次は自分のオリジナリティに興味を抱きざるを得なくなると思います。ビル・ゲイツを目指す以上に、自分のオリジナリティを花咲かせることに全ての関心が向くかと思います。 何たって宇宙137億年で初めて誕生したほどあなたはオリジナリティに溢れていますから。

 

その通りです。

しかし現実はそんなに甘くないです。自分のオリジナリティを見い出すことは尋常ではないほど難しいです。

 

実は、自分のオリジナリティを見つけた人が、皆の憧れになっていることが多いです。もっと言うとその人達ですら、その答えを見つけられていない人が大半です。

 

しかし諦めないでください。

そもそも「自分のオリジナリティを見つけることが重要だ」と理解したこと自体がとても大きな一歩です。まずはこのこと自体に喜んでください。この問題意識にたどり着いた自分に拍手をしてあげてください。

 

もし、本当にその先に興味があれば

そしてここからはさりげない僕からの贈り物です。もしあなたが本当にその先に興味があるのであれば僕に連絡してみてください。

 

上記の答えに関しては僕なりに到達している所があって、その答えを見つけるにあたって「0=∞=1」という方程式がとても重要な鍵になってきます。

 

この「0=∞=1」と言う概念は、これからのポストAI時代に最も重要な中心概念になることはほぼ100%間違えないと思います。このことを理解しているかしていないかで、大きく未来変わります。

 

と言うことで長くなりましたが、以上になります。

ただ、なかなかいきなり連絡するのも勇気がいるかと思うので、今度は「自分のオリジナリティを理解するためには」みたいな記事を書いてみようと思います。

 

以下も参考にしてみてください。

 

0=∞=1のことを書いた本

kikoshobo.com

 
●0=∞=1を体系化した人の講演

www.youtube.com

 

●0=∞=1をアメリカに持っていった人の動画

www.youtube.com