生き方リサーチ.com

あなたの元に、あなたの人生を取り戻すためのメディア。

ゆとり世代がやる気がない・生きるのがつまらないのは当たり前だと言える3つの理由。

f:id:rtomizawa:20180327211836p:plain

 

世間では、ゆとり世代はやる気がないだのなんだの言われてます。

 

そして当のゆとり世代たちも、生きることがつまらないと嘆いてます。

 

そしてそれを社会や当事者たちがどう扱ったらいいか分からない、みたいな状況があるかと思いますが、それってよく考えれば当たり前のこと。

 

というかだいたい、生まれが1990年あたりより前なのか、後ろなのかで人間としての質が全く異なります。そこらへんで時代全体がボコって変わってます。

 

大きくは3つあって、一つ目は「情報革命」です。これはごく一般的ですよね。

 

この現実空間でしか過ごしていなかった人類が、もう一つの新しい空間を手に入れたんです。

 

そして出回る情報量は数十倍になりました。この情報量に幼少期から当たり前に触れているゆとり世代は、そもそも大人たちより情報処理能力高いです。そして逆に大人たちほど、簡単なことでは満足できません。

 

大人たちが、いい車、いい女、いい家、いい給料だけで満足できること自体が理解不能です。

 

それくらい情報革命が人類全体に与えたインパクトは大きいんです。

 

そして二つ目はそれと関連して来ますが、生産過剰の社会です。

 

日本で言えば、大人たちがものがない時代に、ものを溢れさせるためにとにかく効率よく大量生産を実施しました。その結果、日本は世界的にも類を見ないほど成長を遂げ、日本全国の各家庭には、テレビ、冷蔵庫、車・・・そういった「モノ」が溢れました。

 

幼少期を「モノがない」状態で過ごした大人たちは、「モノがある」状態にとても満足します。ゆえに現在のようにモノが溢れている社会でも、そもそもの満足度のレベルが「モノがあれば幸福」という感じなので、今の社会でもある程度幸せを感じれてしまうんです。

 

しかし、ゆとり世代はもうモノが溢れている状態で生まれて来ているので、それでは全く満足しません。むしろ、そんなにモノいらねーよ、って感じでしょうか。

 

なので、今のいい給料もらって、いいモノ買って、みたいなモチベーションではそもそも頑張れません。

 

「なんでそんなものの為に、やりたくもないことやらないとならないの?」って感じです。

 

なんたって、スマホで漫画見たり、動画見たりするだけでも、十分楽しいですからね。

 

モノがあるから満足する、とかもう江戸時代の感覚です。

 

明治維新起こったのに、未だに刀を振り回して満足してるの?みたいな感じです。

 

そして3つ目は何と言っても、「大人たちの挫折感」でしょう。

 

いっても子供達は大人の背中を見て育ちます。

 

そんな中で、日本は世界でも類を見ないバブルの崩壊を経験しています。世界はリーマンショックを経験しています。9.11を経験しています。たくさんの挫折を大人たち自身が経験してしまっているのです。

 

そんな中、多くの大人たちはチャレンジすることを諦め、問題なく過ごす為に、ただ周りに合わせるだけの人生、失敗しないための人生を歩んでいる人が多いです。

 

だから子供にも手堅く、失敗しないように、社会が用意したレールに乗って欲しい、そんな思いで子育てをします。

 

しかしそもそも、人間とは自己表現がしたい生き物です。合わせたいのではなく、表現したいのです。チャレンジしたいのです。新しい出会いがしたいのです。新しい自分と出会いたいのです。

 

しかし自分たちの前を走る大人たちを見ても、そんな格好いい大人はどこにもいない。現れたかと思うと、社会全体でその人を叩きまくり、失脚させる。

 

若者たちはそんな大人たちを、社会を、見限っているんです。だから自分の世界に入り込んで、ゲームやスマホをいじってるんです。

 

実はそれくらい大人たちの生き方が子供達の生き方に半端なく影響してるんです。

 

吉田松陰の生き様をみて、高杉晋作が自分の生き様を決めたように、勝海舟の生き様をみて、坂本龍馬が生き様を決めたように、先輩の背中は本当に大きいんです。

 

それにに気づいてない大人の皆さんは、是非反省してください。

 

挙げればきりがないですが、ざっと思いつくだけ書いたこれだけを見ただけでも、今後ゆとり世代を責められますか?

ゆとり世代の問題点を指摘できますか?

 

人間は環境によって作られる生き物です。ゆとり世代が現在のようになったのは、そうなるような環境、背景があったからです。

 

だからせめてゆとり世代と接するときには、この3つのポイントくらいは抑えた状態です接してください。

 

そうすれば多少は世代間ギャップも埋まると思います。

 

またゆとり世代以降の人たちは、自分たちがこの状況に置かれていることをまず理解してください。そして大人を責めても仕方ありません。

 

自分を責めても仕方ありません。

 

この状態をわかった上で、これからどうしていくのか。それが一番大事です。

 

ありがたいことに、情報革命以降に生まれたあなたには、最強の武器があります。

 

そうです、インターネットです。

 

それでたくさん検索してください。

 

たくさん調べてください。

 

たくさん勉強してください。

 

そうすれば少しは道が切り開かれると思います。

 

少しは方向性が見えてくると思います。

 

それでも全然見えない人は、僕に連絡くれても構いません。

 

多少は役に立つと思います。

 

というか、自身を持って役に立てると言い切れます。

 

なぜなら僕もそのように悩んでいた一人だから。

 

あなたは必ずこれから世界を変えます。

 

どんな人間にも、世界を変える力が備わっているんです。

 

ただそれに気づいていないか、周りがそれを引き出せないか。ただそれだけです。

 

ぜひあなたの中の、無限の可能性を引き出して、人類歴史上最もかっこいい生き方をして見てください!