生き方リサーチ.com

新たな視点から、あなたの元に、 あなたの人生を取り戻すウェブメディア。

一体、私の人生の何が問題であったのだろうか。

f:id:rtomizawa:20180622200402p:plain

 

この世に生を受けてから20数年が過ぎた。

 

現在でこそ幸せな環境に身を置けているが、そうなるキッカケとなったのも、私の人生が思った以上に上手く行っていなかったことが原因だ。

 

そう思うと、いったい自分の人生の何が問題であったのだろうか、と考え深くなってします。

 

おそらく私の人生は、はたから見れば至って普通の、至って平凡な、至って幸せな人生に映ると思う。

 

優しい両親に恵まれ、両親はあまり喧嘩することもなく、経済的にも中流階級で、旅行にもよく連れて行ってもらった。

 

私自身は、勉強もスポーツも苦手な方ではなく、むしろ上位の方に位置づけられる。

 

俗に言うリーダーのようなポジションもよく任され、中学の野球部では部長になり、高校では3年間級長であった。

 

大学でも友人に恵まれ、バイト先のも恵まれ、このままそんな順風満帆な人生を歩むであろうと、誰もが思っていたのではないかと思う。

 

 

では、当の本人はどう思っていたかといえば、なかなか苦しい人生だと感じていた。なぜこんなにも上手くいかないんだろうと思い続けていた。

 

勉強は自分よりデキる人がたくさんいるし、スポーツだって、自分は全然まだまだ。

 

両親のことだって「なんでもっと自分のことを理解してくれる、愛してくれる親じゃなかったんだろう」と恨んだこともあった。

 

全てに対して「もっと、もっと」と求め続け、常に「足りなさ」ばかりを見続けていた。

 

というのもその心の奥にあるのは、自分の感覚的な苦しみであった。

 

肉体的な痛みや苦しみであれば、治療をすれば治るのかもしれないが、この感覚的な苦しみの解決策を当時の私は知らなかった。

 

もっと勉強ができるようになれば、もっとスポーツが出来るようになれば、もっとみんなより優秀になれば、もっとみんなに愛してもらえれば、この苦しみ、痛みから開放されるんじゃないか。

 

そう思っていた。

 

 

人間関係も傍からみたら、上手くいっていたかもしれない。

 

でも常に心の奥底に眠っていたのは「自分をさらけ出せない」痛み。どんなに自分に快く接してくれる友人にも、わたしは自分をさらけ出すことが出来なかった。

 

なぜこの感覚が襲ってくるのかわからなかったが、とにかく自分をさらけ出すことが怖かった。

 

なぜか自己主張が出来ない

なぜか自分の意見が言えない

なぜか相手に合わせてしまう

なぜか我慢してしまう

 

そんなことの繰り返し。なぜ自分がそんなことを繰り返してしまうのかもわからないまま、ずっとそんなことを繰り返していた。

 

そしてそんな我慢を繰り返すと、ある時その我慢が爆発し、相手を攻撃してしまい、相手との関係性がおかしくなる。

 

「どうせ自分なんて嫌われているんだ」

 

そんな考えが自分の頭の中を制圧し、なぜか自分から関係をきってしまう。

 

そんなことの繰り返し。

 

なんで自分がこんな考えを

なんで自分がこんな行動を

なんで自分がこんな関係を

 

繰り返してしまうのかわからずに。

 

 

さあ、本題に戻ろう。

結論的にいえば、私の人生は全てが問題であった。

 

いや、強いて言うならば人には恵まれた人生であった。

機会にも恵まれた人生であった。

恵まれた環境に育った。

 

しかし私が、それを受け取ることが出来なかった。

私の歪んだ認識が、目の前にある幸福を、受け取ることが出来なかった。

 

それで言えば、私の人生で問題であったのは、私の歪んだ認識だ。

 

その歪んだ認識によって、日常が、人間関係が、人生が、おかしくなってしまった。

 

幸福を受け取れなくなってしまった。

親切を受け取れなくなってしまった。

感謝を受け取れなくなってしまった。

愛を受け取れなくなってしまった。

 

わたしはそんな歪んだ認識を持っていた。

 

その歪んだ認識のせいで、多くの人も傷つけた。

多くの人を苦しめた。

多くの人を悩ませた。

 

そんな歪んだ認識のままでは、この先の人生、何が起こったとしても、私は苦しむと感じた。

 

どれだけお金を手に入れても

どれだけ素敵な奥さんを手に入れても

どれだけ素晴らしい仲間と出会っても

どれだけ最高の仕事と出会っても

 

だから私は変わらなければならなかった。

この歪んだ認識を変化させなければならなかった。

この偏ったメガネを外さなければならなかった。

 

 

そんなときに出会ったのがnTechだ。

 

この様に考えてみれば、nTechとの出会いは偶発的でもあり、必然でもある。

そして、この出会いによって私の人生が180度変わってしまったことは間違いない。

 

いま私がこの様に、悩み多き人たちの問題の解決に携われていることはnTechの力にほかならない。

nTechのおかげで、私の今までの全ての悩み、苦しみ、痛みは、私の最大の長所であり、活かすべきことになってしまった。

 

あの悩み多き今までがあったからこそ、多くの悩み多き人たちの力になれる今がある。

 

この様に考えてみると、あの様に悩み苦しんだ日々があることにとても感謝が溢れてくる。

 

 

もしこの記事を読むあなたも、悩み、苦しんでいるようであればこう思ってほしい。

 

いまのあなたの悩みは、将来の優しさに変わる。

いまのあなたの苦しみは、将来の喜びに変わる。

 

そしてもし、その苦しみに耐えきれなければいつでも私に連絡を貰えればと思う。

こんな私で良ければ、私の全てをかけてあなたの悩みを、あなたの苦しみを解決しようと思う。

 

もちろん仕事の一環としてやっていることなので、全て無料で、という訳にはいかないが、一人ひとりの経済状況に応じて、相談しあって解決していきたいと思う。

 

必ず道は開ける。

諦めず、希望を見失わず、ともに歩いていきたいと思う。