生き方リサーチ.com

死ぬほど苦しかった人生から抜け出して、社会からそんな人をなくしたいと思うようになった人間が、思うことや感じることを書いてるブログです。

人と関係を作るときに大事すべきポイント。

f:id:rtomizawa:20180630162900p:plain

 

人間は社会的な動物ですから、必ず人と関係を作らなければなりません。

 

しかし人と関係を作ることほど難しいこともありません。

 

では、人と関係を作るときに大事にしなければならないポイントは何なのでしょうか?

 

それは、自分と自分の宇宙をZero化させて、相手と相手の宇宙(相手の心)だけがある状態になることです。

 

「自分と自分の宇宙」といきなり言われても難しいかもしれませんが、最近物理学や、脳科学でも言われているように、実は自分も、自分が見ている目の前の世界も、実は自分の脳が映し出している画面・スクリーンに過ぎません。

 

あなたが目を閉じれば、アタナの見ている世界は消えるし、あなたが死ねばあなたが見ている地球も太陽も、宇宙も消えます。あなたが右を向けば、左の世界は消えるし、左を向けば、右の世界は消えます。

 

今までの常識で考えると少し理解が難しいかもしれませんが、真実の世界観はそうなります。

 

そこから考えると、実は自分が見ている世界と、相手が見ている世界は全く別物ということになります。100人が映画を見れば、100通りの映画あると言われるように、この世界には人の数だけ宇宙が存在し、その他の存在も含めれば、∞個の宇宙が存在します。

 

こんな状態で、自分の常識を、相手に押し付けたり、自分が持っているイメージで相手と接したところでうまくいくはずがありません。

 

それでは深い関係性は築けず、相手との関係性が破綻することは当然起こっとなります。

 

自分と自分の宇宙を建築で例えれば、自分の家には自分の家を生み出す設計図があり、相手の家には相手の家を生み出す設計図があるのです。その設計図は別物で、その設計図を理解したときに、本当に相手の話が理解できます。

 

ちょっとまとまりはないですが、上記の様にまず、相手と関係を構築する上で大事なことは、自分と自分の宇宙をZero化し、相手と相手の宇宙だけがある状態になることです。

 

そのときに初めて、相手の話が聞けます。相手の心に耳を傾けられます。相手の涙が見えます。

 

そのときに初めて、相手に対してコメントする資格があるのです。

 

そのこともわからないままで、自分の宇宙を持ったままで、相手に話しかけることは実はとても失礼なことです。あまり言葉は良くないと思いますが、心の強姦と言ってもおかしくないほどのことです。

 

しかし現代人はそのこともわからないままで人と交流してしまうので、人間関係は不信不安恐怖の連続で、多くの人は、関係性に対して深い諦めと絶望を持っています。

 

その結果私利私欲だけのために関係性が利用され、Win-Loseのマネーゲームに陥ってしまっています。

 

そして実は、この現代社会が陥っている病を癒やすことが出来るのは、日本民族だけであると言われています。

 

その秘密はまた今度共有しようと思いますが、もしご興味ある方は下記のセミナーにも参加してみて下さい。

 

日本のことがよくわかります。

www.youtube.com