生き方リサーチ.com

新たな視点から、あなたの元に、 あなたの人生を取り戻すウェブメディア。

一人ひとりの変化から、世界は変わっていく。

f:id:rtomizawa:20180630165434p:plain

 

たまに聞く言葉で、「自分が世界を変えられるなんて思えない」ということ。

 

これは多分「世界を変える」ということに対する理解が間違えている。

 

というか、世界と自分の関係性に対する理解が間違えている。

 

答えから言えば、あなたは120%世界を変えるポテンシャルを持っているし、その力がある。しかしそれを認識していないだけだし、世界が変わる仕組みを理解していないだけ。

 

世界が変わるステップは以下で考えられる。

 

①既存の秩序の問題を発見する

②その問題に対する処方を発見する

③その問題と処方を理解した人を増やす

④ある一定数に達したときに常識が変わる

⑤常識が変わることで、システムが変わっていく

 

こんな様な感じ。

 

ここからわかる様に、あなたに世界を変える「力」がないわけではなく、あなたに①②がないだけだ。

 

それは別の言葉で言えば、あなたが「何を変えるべきかが分かっていない状態」ということだ。

 

逆に言えば、あなたが「何を変えるべきか」を分かってしまえば、後はそれをより多くの人が理解するようにし、賛同者を増やすだけである。

 

それで言えば、あなたには平等に世界を変える力が与えられているし、そのチャンスも与えられている。ただそれを認識していないだけだ。

 

もっと言えば、現代社会と現代教育によって、認識しづらくなっているだけだ。

 

というのも、どうしても現代社会と現代教育はひとりひとりの可能性を殺してしまう。

 

それはいえば仕方のないことで、現代社会は我慢を中心とした秩序で成り立っているので、一人ひとりが我慢を中心とした生き方をするように、教育と扇動をしなければ、秩序が成り立たなくなってしまうからだ。

 

だからマジョリティの論理で、マイノリティを潰す。異分子が誕生しないように。

 

これは人類全体のチームプレーを成立させる上ではしょうがないといえばしょうがないことではある。なぜなら、それ以上に上手くチームプレーをする方法が見つからなかったからだ。

 

そういう意味では資本主義は、人類最先端の発明といえる。

 

しかし、現代社会はそれでは成立しない時期に突入している。

 

その背景には色々あるが、その象徴として人工知能があげられる。

 

人間の可能性を潰すのではなく、爆発させる方向で秩序を作らなければ、人類事態が滅亡に向かう可能性すら考えられる。

 

だからこそ、現代社会に生きる一人ひとりがこのことをわかった上で生きる必要がある。

 

何が問題で

その問題をどの様に解決し

どんな新しい秩序を作っていくのか

人の可能性を爆発させながら、Win Win Allwinの秩序をどの様に構築するのか

 

これらを持った上で生きていく必要がある。

 

その世界を作る可能性をあなたは十分持っているし、それは十分可能。

ただその地図を手に入れていないだけ。