生き方リサーチ.com

心の仕組みを理解することで、 あなたの元に、あなたとあなたの人生を取り戻すためのウェブメディア。

仕事ができる人は何が違うのかー3つのポイントー

f:id:rtomizawa:20180803164921p:plain

 

僕はあんまり

頭がいい方ではないし

仕事が出来る方ではない。

 

だからこそ

頭がいい人とか

仕事が出来る人を

見ていて

思うところが色々ある。

 

そこで今日は

f:id:rtomizawa:20180803164921p:plain

彼らの共通点を

ちょっと整理してみようと思う。

 

 

①徹底的に原理思考

とにかく彼らは

考え方が全く違う。

これは物事の捉え方と

言うことも出来る。

 

一つの事象に対しても

思うこと

感じること

それらの

深さと広さが全く違う。

 

例えるならば

プログラマー

PCの画面を見るだけで

裏の原理まで観えてしまう。

 

医者は

その人の体を見るだけで

その裏の構造まで観えてしまう。

 

そんな感じで

仕事ができる人は

何かの物事が発生したら

その裏の構造を

見透かしてしまう。

 

そして

その原因にアプローチして

本質的な

解決策を提示する。

 

これはまるで

アートのようだ。

 

それが

一般的な人だとどうなるかと言うと

現象の上辺だけ取って

対処療法的になり

結局同じ問題が繰り返されたり

逆に問題が

大きくなったりする。

 

そして自己嫌悪に陥り

モチベーションがダウンする。

 

かく言う僕も

こんなタイプであった。

 

だからなにより

仕事ができる人は

物事の捉え方、洞察力

が尋常ではなく

高い。

 

 

②失敗にとらわれない

 

これは①にも

関連してくることだが

彼らは失敗するか

成功するかに

そこまで興味がない。

 

仕組みから言うとこうだ

という仮説に基づき

実行する。

 

そしてその結果

それが俗にいう失敗だったり

成功だったりしたとしても

あぁ、これをこうするとこうなるのか

という捉え方をするので

結果すべては

成功ということになる。

 

すべてが

未来につながる

蓄積になるのだ。

 

そして

その俗に言う失敗を糧に

次の成功を導き出す。

 

 

③ゴールがない

 

そして彼らには

ゴールというものが

存在しないように思う。

 

例えば

一般的な人間なら

ここまで言ったら終わり

とか

ここまでは頑張ろう

という考えが働くかと思う

 

しかし彼らは

どこまでも

進化を楽しんでいると思う

 

確かに

ゴールというものは

作ることはあるが

そこにたどり着くことは

優先順位はそんなに高くなく

どちらかというと

そこに向かう

プロセスを

楽しんでいる感じだ。

 

②でいう

蓄積を楽しんでいる感じ。

あぁ、これをこうやったらこうなるのか

だったら次はこうしてみよう

という感じ。

まるで子供だ。

 

だから

すべてを楽しめるし

すべてを自分のものに出来る

 

これを俗に言う

結果思考ではなく

プロセス思考と

言うのかもしれない。

 

だから彼らはすべてを楽しむ。

ある意味最強だ。

 

 

 

とりあえず今日は

3つで整理してみた

 

整理してみてわかったが

やっぱりいちばん大事なのは

①の原理思考

だと思う

 

それがあるから

②③がついてくる

 

逆に②③になるには

①を身につける

必要がある。

 

多分

シリコンバレーの天才とか

俗に言う仕事できる系の人たちは

みんな原理思考

なんだと思う。

 

数学者とか

プログラマー

特にこの思考を

持ちやすいから。

 

ということで次は

①について深めていこうと思う。