生き方リサーチ.com

新たな視点から、あなたの元に、 あなたの人生を取り戻すウェブメディア。

人間の内面世界を数式で記述した"0=∞=1"がもたらす変革とは

 

f:id:rtomizawa:20180810205836p:plain

 

私が

やりたいことは

生き方の転換を

つくることだ。

 

今まで

私たち人間は

自分の

外側の開発を

し続けてきた。

 

住むところ。

食べるもの。

着るもの。

 

車。

テレビ。

パソコン。

スマホ

 

人工知能

IoT。

ロボティクス。

 

すべて人間の

外側の変化だ。

 

やっと最近

人工知能

登場によって

人間の

意識の模倣を

始めようとしたところだが

まだまだ

人間の

内側の開発には

至っていない。

 

人間の内側とは

心理学的に言えば

意識や無意識の

領域である。

 

欲求。

思考・感情。

末那識・阿頼耶識

エネルギー。

心。

 

単語では

ちょこちょこと

言われていないことはないが

まだ私達の

その領域の開発は

ほとんど進んでいない。

 

そもそも

現代科学では

意識が何なのかすら

わかっていない。

 

考えの素材すらも

わかっていない。

 

この分野の

研究が最も進んでいるのは

ある意味

何千年も前の哲学や宗教であり

それ以降であれば

心理学や脳科学、マインドフルネス

などであろう。

 

しかしそれでも

ほとんど進んでいない。

 

それほど

人間の内面意識とは

捉えることが

難しいジャンルなのだ。

 

だから我々は

内側ではなく

外側を開発してきた。

 

しかしその外側の開発も

2045年のシンギュラリティで

一段階、終止符が打たれると

言ってもいい。

 

人間以上の知能を持った

人工知能

次々と人間とは

比べ物にならない

速度と質で

外側を開発してくれる。

 

この紛れもない事実は

私たち人間の

生き方の転換を

突きつけている。

 

こんな時代の流れも

あいまってか

私は

人間の生き方の

転換をつくりたい。

 

外側の開発ではなく

内側の開発の時代を

つくりたい。

 

なぜか。

 

私たちは

内側の開発をしなければ

崩壊寸前のところまで

来ていると感じるからだ。

 

私たち人類は

外側の開発だけでは

満足できなくなってしまっている。

 

物質的な豊かさがもたらす幸福では

満足できなくなってしまっている。

 

物が溢れ

情報があふれる現代社会では

幸福を探すことが

難しくなってしまっている。

 

競争がもたらす

人より優れているから幸福という概念は

通用しなくなってしまっている。

 

人工知能の登場により

自己の価値を感じにくくなってしまう社会では

幸福を見つけることが

難しくなってしまう。

 

うつが増え

失業者が増え

争いが増え

これまで以上に

秩序を保つことが

難しくなってしまう。

 

これからの時代に私たちは

これからの将来の子どもたちは

何に幸福を

見い出せばいいのでしょうか。

 

どんな夢を

描けばいいのでしょうか。

 

そのためには

私たち人間が

新たな領域へと

足を踏み出さなければ

ならないのだと思います。

 

それこそが

私たち人間の

内面意識の

開発です。

 

単純な話です。

 

人間は

今ここを幸せと感じれば

幸せであり

今ここを絶望と感じれば

絶望なのです。

 

お金がないから不幸なわけでも

容姿が悪いから不幸なわけでも

頭がいいから幸福なわけでも

友人が多いから幸福なわけでもありません。

 

自分がそれを

どう感じるのか

がいちばん重要なのです。

 

だから誰もが

そのように

自分の内面意識を

コントロールできるように

すればいいのです。

 

器を変えるのです。

 

自らの

認識を

意識と無意識を

心を

自由自在にコントロールできる

自分になればいいのです。

 

人間は

なぜ争うのでしょうか?

人間は

なぜ苦しむのでしょうか?

 

単純な話です。

 

自分の考えを

感情を

意識を

無意識を

認識を

コントロール出来ないからです。

 

幸せになりたいけど

幸せになれない。

 

仲良くなりたいけど

仲良くなれない。

 

恨みあいたくないけど

恨み合ってしまう。

 

なぜでしょう?

 

自分の考えを

感情を

意識を

無意識を

認識を

コントロール出来ないからです。

 

では

なぜそれらを

コントロール出来ないのでしょうか?

 

これも単純な話です。

 

考えが何なのか

感情が何なのか

意識が何なのか

無意識が何なのか

認識が何なのか

 

わからないからです。

 

もっと言えば

それらの仕組みが

法則性が

作動原理が

わからないからです。

 

それらの

外に出たことがないから

それらを

観察することが

できないのです。

 

私たち人間は

あらゆる事象の

仕組みを理解することで

この世界を

進化発展させてきました。

 

コペルニクスがもたらした

地動説。

 

ニュートンが発見した

重力方程式。

 

アインシュタインが発見した

相対性理論

 

これらは全て

この世界で起こる事象の

仕組みを解明した。

 

誰もが理解できる

客観的な

数式によって。

 

それ故に

我々の現代文明は

ものすごい勢いで発達し

我々は多くの恩恵を

受けることが出来ている。

 

しかしそれでも

これらは全て

人間の外側の世界だ。

 

人類はまだ

人間の内面世界を記述した

数式を観たことがない。

 

人間の内面世界を

数式で記述したことがない。

 

故に

すべての哲学

すべての宗教

すべての心理学

すべての脳科学

すべてのマインドフルネス

は抽象的な次元に終わり

再現性がない。

 

故にそのジャンルは

発達することが出来ず

産業化されず

一部の人間のみが

活用するレベルに

終わってしまっている。

 

しかし

この内面世界の開発が

行われなければ

私たち人類は

とても危険な領域へ

突入して

しまうであろう。

 

鬱が増え

失業者が増え

犯罪が増え

争いが増え

 社会秩序は

より壊滅的になる。

 

 

だから私たちは

人間の内面世界を

開発していかなければならない。

 

だから私は

そんな人類の

生き方の転換を

つくりたい。

 

そんな時代の流れの中で

この日本の地で

0=∞=1という

数式が誕生していることは

大変な希望である。

 

そしてこの数式が

私たち日本人の

文化文明と

大変に深い関係性があることにも

何か深い縁を感じざるを得ない。

 

いま、この世界に

いま、この世界が要求する生き方に

いま、この世界が提供する幸福に

満足しきれず

疑問を感じ

違和感を感じ

生きている。

 

そんな人は是非

0=∞=1の世界に

触れてみてほしい。

 

きっとそこに

あなたが感じた

違和感の正体が

隠れているはずだ。

 

なぜならそれこそが

いまの時代が私たちに

要求している変化の方向性だからだ。

 

 

そしてその世界を

自らの手で掴み取り

これからの時代の

主人公となってほしい。 

 

www.youtube.com

↑↑↑

0=∞-1(nTech)の創始者の方の1dayセミナーです。ご興味ある方は参加してみてください。

 

 

www.youtube.com

↑↑↑

 0=∞o1(nTech)の講師が、アメリカ・シリコンバレーで開催された、世界的なマインドフルネス・メンタルヘルス関連のイベントである「Wisdom2.0」に登壇し、世界各地の参加者の高い関心を集めた講演の様子です。