生き方リサーチ.com

新たな視点から、あなたの元に、 あなたの人生を取り戻すウェブメディア。

私たちが社会のために、目の前の人ために出来ること。

f:id:rtomizawa:20181028192703p:plain

 

それは凄く

シンプルで

 

一人ひとりが

社会の状態をを診断し

目の前の人の状態を診断し

 

その診断に対する

処方を出すことでしか

変化を創ることはできない。

 

 

 

そもそも

社会を、目の前の人を

救いたい、助けたい、もっとく良くしたい、という

 

想いというか

意志というか

気持ちというか

 

そういうものを

蓄積していくことが

大事だったりする。

 

 

 

それがないと

診断しようとも思えないし

処方しようとも思えないし

そんな発想が出てこない。

 

実は

それを持つことが

いちばん難しかったりもする。

 

何でかって

今の時代は自分のことで精一杯で

自分以外のところに意識を持っていくことが

すごく難しい時代だから。

 

 

 

でもそんな時代だからこそ

一人ひとりが全体性を持って

生きていかなくちゃならない。

 

難しいときこそ

大変なときこそ

前を向いて歩いていかなきゃいけない。

 

なぜなら全ては繋がっているから。

 

あなたが笑顔になれば

目の前の人は笑顔になり

社会は笑顔になる。

 

あなたが苦しめば

目の前の人は苦しみ

社会は苦しむ。

 

 

 

世界はつながっている。

 

 

 

そんなときこそ

すべての外に飛び出して

そこからすべてを見る余裕が大事。

 

前に進んじゃ無くて

一旦止まって

後ろを向くことも大事。

 

 

 

あなた以上に苦しんでいる

誰かに、存在に

気づくことが大事。

 

あなたが持っている

重大な使命に

気づくことが大事。

 

今の時代が持っている

可能性に

気づくことが大事。

 

 

 

まずは何よりも関心をもつことが大事。

 

 

 

そして知ること。

 

 

 

それがないと何も始まらない。

 

 

 

何をするのか

よりも

それがすっごい大事。

 

無関心ほど恐ろしいことはないから。

 

 

みんながみんなに関心をもつこと。

 

世界が世界に関心をもつこと。

 

そこから世界は

目の前の人は変わっていく。