生き方リサーチ.com

新たな視点から、あなたの元に、 あなたの人生を取り戻すウェブメディア。

ホールネス(全体性)を獲得する難しさ。

f:id:rtomizawa:20181031125757p:plain

 

ティール組織や、心理学などで

最近注目を浴びている

ホールネスという概念だが

 

実際にこれを

獲得しようとすると

とても難しいということを実感する。

 

 

なぜなら人間の脳機能が

そもそも全体性ではなく

部分性を持っていることに起因する。

 

人間の脳は

全体を観れないように

なっている。

 

これは最近話題の

「なぜ世界は存在しないのか」で有名な

マルクス・ガブリエル氏も提唱している。

 

今目の前だけで言っても

私たち人間は

可視光線しか認識できない。

 

音も

匂いも

触覚も

味も

 

全体の中の

ほんの一部分だけを

認識している。

 

 

これは自分に対しても

相手に対してもそうで

 

相手の全体を受け取るのではなく

ほんの一部分だけを認識して

相手を決めつける。

 

こういう人

ああいう人

 

肌の色

顔の形

表情

声色

・・・・・・・・・

 

 

人によって受け取り方は

千差万別で

 

100人いれば

100通りの

その人が存在する。

 

 

これは相手だけではなく

自分に対してもそう。

 

自分のほんの一部分だけを

認識して

自信をなくし

自己否定をしてしまう。

 

 

 

 

これは人間の性だ。

生まれ持ってきた機能だ。

 

このことに起因し

ホールネスの獲得が

とても難しくなってしまっている。

 

理想論としては

確かにその通りなのだが

実際には難しい。

 

つまりホールネスを獲得するには

人間を人間たらしめている

脳機能の限界を超えなければならないことになる。

 

 

つまり脳ではない何かを使って

物事を認識するしかなくなってくる。

 

その何かを獲得した時に

初めて人類は全体性を獲得できる

といえる。

 

それくらい人間にとって

ホールネスの獲得は

難しいのだ。

 

 

 

その証拠に

人類は未だに

最終理論にたどり着いておらず

 

誰もが理解可能な

神の概念を獲得できていない。

 

悟りも一部分の人達の

信仰の対象になってしまっているし

 

天動説から地動説への移行において

人類はたくさんの犠牲を払った。

 

 

言い出したらキリがなくなってしまうが

それくらい人間にとって

ホールネスの獲得は困難を極める。

 

違う観方をすれば

ホールネスを獲得できれば

人類は凄まじい進化を成し遂げる。

 

 

 

故に人類の最大の進化は

全体を認識できる脳ではない何かの獲得によって

起こると考えられる。

 

その全体性を獲得すれば

争いはなくなるといえる。

 

なぜなら争いは

お互いが部分しか認識できないがゆえに

起こっているからだ。

 

それだけではないが

全体性の獲得は

人類に大きな進化をもたらす。

 

 

私たち世代は

その「何か」を獲得するはじめの世代になると

私は確信する。