生き方リサーチ.com

新たな視点から、あなたの元に、 あなたの人生を取り戻すウェブメディア。

個人的なこと│今後のブログの方向性などについてつらつらと

※この記事はだいぶ自分の整理用なのであしからず。

 

今までは自分が感じてることとかを

ただただ書きなぐってた感じだったけど

ちょっとそろそろ大きくかじを切りたいなぁ

と思ってるこの頃。

 

これまではただ

文章を書くのが好きで

自分の整理のためにも

 

自分の中にあることを

ただただ出してただけなんだけど

これからはもっと誰かを意識した

相手を意識したものにしたいなって思ってる今日このごろ。

 

それは内容的なチェンジもそうだけど

表現的なチェンジもしていきたいことでもあって。

 

もっとビジュアル的なものを増やしたり

動画を増やしたり

それで相対的に文字を減らしたりして

 

もっと時代の流れも取り入れながら

よりわかりやすく

より短時間で

心に入っていくようなものを

作っていきたいなぁ、と。

 

まだまだ私は

自分の立ち位置がどこなのかよくわからない

抽象的な人間だけど

 

そういうことをやっていくに連れて

どんどん定まっていくのものなのかと。

 

結局私のやりたいことは

認識OSの普及と

組織OSの普及による

新しい文化文明の創造にあって

 

そこには人間の可能性に挑戦したい心とか

人間の可能性に挑戦してる人への経緯だったりとかがあって

 

でもそこって結構分かりづらいもので

馬の時代に車作ったり

PCがない人にPC見せたりするようなものだから

 

結局は実際に触ってみて

触れてみて

使ってみて

 

自分の経験を通してでしか

その可能性を感じるのは難しいから

それで言ったら

 

認識OSや組織OSを

触れられるプラットフォームにしたい

と思ったりする。

 

認識OSの可能性が

自分とつながって理解できれば

それは自分の可能性の爆発に繋がって

 

そうやってもっと自分の可能性を

信じられる人が増えれば

組織OSはいつの間にか完成して

 

新しい文化文明が

想像されると思う。

 

それはまさに人間にとっての理想郷で

今まで人間がやってきた世界を

人工知能がやってくれて

 

人間はもっと人間だけがすべきことに

注力していける。

 

それは簡単に言えば

創造性

遊び

楽しみ

 

そういうジャンル。

決まりきった何かがない世界。

未知の世界。

好奇心だけが誘う世界。

 

でも認識OSと組織OSがないと

人間はまだそこに行けない。

 

これには沢山の理由があるけど

相対性理論から原爆が生まれたり

SNSからフェイクニュースが生まれたり

AIによって犯罪が生まれたり

 

そういう人間性を超えないと

どれだけ素晴らしいものも

人間を破滅に導く。

 

だからそうなってしまう原因を根こそぎ解決する

認識OSがないと話にならない。

 

認識OSは簡単に言えば

「脳」というハードウェアに組み込む

「認識方式」というソフトウェアだ。

 

そのハードウェアとソフトウェアの上に

すべてのアプリケーションが成り立つ。

 

思考、感情、表情、行動、言葉、関係性・・・・

 

人間のハードウェアが脳であることは変わらない。

だからそこに「何をインストールするのか」がすごい大事。

 

それが教育だ。

 

その教育革命・人間のソフトウェア革命がなされた時に

人間の理想郷が創造される。

 

でもほとんどの人ってそんな事考えてない。

今日が楽しくて、明日が楽しければ

それでいい。

 

私だってそうだ。

でもこのままだとそれがなくなってしまうと考えている。

 

だから認識OSの普及が何より急務だと考えている。

 

だからこのプラットフォームを通じて

認識OSの可能性に触れられる場を創造したい。

 

今思ってるのは

認識OSが持っている一番の可能性は

「関係性」が変わることだと思っている。

 

なぜなら

かく言う私がそれを

一番経験してしまったからだ。

 

だから

「え、そんな関係性を作れるならちょっと知ってみたいかも」

と人たちが思えるようなプラットフォームにしていきたい。

 

文字や、画像や

動画、音声など

あらゆる手段を使いながら

そんなコンテンツを排出していきたい。

 

それはきっとブログという領域を超えて

様々なジャンルに飛び火していくこととなると思うが

それはまあおいおい。

 

とりあえずそんな方向に

チェレンジしていきたいという

自分への宣言も含めて

ここに文字化させてもらった。

 

認識OSの普及のよる

組織OSの完成による

新しい文化文明の想像に向けて

 

私のリソースを

全て使い果たしていきたいと思う。

 

ちょっと考えはまとまりきらないが

とりあえず今日はこんなところにしておこう。