生き方リサーチ.com

新たな視点から、あなたの元に、 あなたの人生を取り戻すウェブメディア。

認識OSが補う旧OSの限界とは?

 

ここでいう旧OSは

人間の脳機能の限界と

思っておいたらいいと思います。

 

ということは認識OSは

人間の脳機能の限界を

補うということになります。

 

 

 

例えばいま、みなさんがwindows98

を使っていたとします。

いや、それしか使ったことがないとします。

 

そうすると

特に不便とか感じないですよね?

限界とか。そういうものだ、的な感じで。

 

でも実はその時点で

沢山の問題をはらんでいます。

でもそれを解決しようとはしません。

 

 

なぜならそれが当然だから。

 

 

 

でもたまーにそういうのを

当然と思わない人がいて

なんとかならんかな

 

って思って解決策を出すと

それがイノベーションになったりします。

 

パソコンのOSで言えば

新しいバージョンを出す

みたいな感じですよね。

 

 

 

 

それと同じで

あんまり今の脳機能に限界を感じる人って

いないんじゃないですか?

 

というか今の生活に

そんなに不便を感じる人って

少ないんじゃないですかね?

 

 

 

もちろん

もっとお金がほしいとか

モテたいとか

自由になりたい

とかはあるかもですが

 

 

それの原因を明確に理解してる人って

あんまりいないと思うし

 

そもそもその原因を

明確にしようって人が

そんなにいないんじゃないかと思います。

 

 

 

 

でも実はそれらが全て

脳機能が原因だよ

って言ってるのが認識OSです。

 

 

旧OSのせいで色々な問題が起きているから

新しいOSに入れ替えましょうね

って言ってるのが認識OSです。

 

 

 

 

違う例で言えば

地球上に人間が生まれる前は

動物が多分一番賢かったんじゃないですかね。

 

でもその動物の脳機能、あわゆるOSでは

出来ないことが色々あって

だから人間の脳が誕生したんだと思います。

 

これはいわゆるOSのバージョンアップですよね。

 

 

 

それと同じで

いまの人間の脳機能では色々限界が来ちゃってるから

新しいOSにバージョンアップしましょう

そしたら恐ろしいほどの問題が解決しますよ

って言ってるのが認識OSですね。

 

 

 

じゃあ旧OSの限界ってなんなのさ?

って話になりますよね?

 

 

いろんな角度で表現できますけど

一番象徴的なのは

100人いたら100通りの映画が

流れてしまうことかと思います。

 

 

これはつまり

全く違う世界を見ているということで、

 

もっと具体的に表現すれば

それらは絶対に融合することがないということです。

 

なぜなら同じ世界を見ているようで

全く違う世界に住んでるから。

つまり異次元に住んでるということです。

 

 

 

だから一生人間は

闘いを続ける事になってしまうんです。

 

分かりあえる、と思っても

分かりあえないし

融合できないから。

 

 

 

他にも色々ありますけど

一番はこれですよねぇ。

 

 

 

だから社会性が増大せず

非効率的な疎通があまりに多い。

 

 

その非効率性を一気にゼロ化させて

半端なく社会性を増大させて

生産性を増大させることを可能にするのが

 

認識OSであり

これから作りたい組織OSです。

 

 

本当はもっと旧OSについて理解を深めれば

それだけでもすっごい進化できるんですが

とりあえず今日はこれで終了です!

 

 

今日もありがとうございました!!!