生き方リサーチ.com

新たな視点から、あなたの元に、 あなたの人生を取り戻すウェブメディア。

あらゆる依存症の根本原因とは

www.sankei.com

 

 

世の中には

たくさんの依存症があります。

 

またその依存性で

苦しんでいる人もたくさんいます。

 

自分がなぜ

依存症になってしまったのか。

 

自分は依存してしまうほど

最低な人間だ。

 

自分は依存症から抜け出せない

弱い人間なんだ。

 

そんな風に

自分を責めてしまうことも

多いと思います。

 

かく言う私も

そんな心に

苦しんでいました。

 

 

 

依存症には

沢山の種類があります。

 

アルコール

タバコ

薬物

SEX

ギャンブル

買い物

ゲーム

恋愛

砂糖

・・・・・・・・etc

 

 

それぞれに

陥ってしまう原因は

人それぞれですし

 

依存症の傾向も

千差万別かと思います。

 

 

しかし実は

それら全ての根本原因を探っていくと

ある一つの結論にいきつきます。

 

 

実は依存症は

全く違う現象や原因に見えますが

すべてが全く同じものなんです。

 

 

よく言われる原因としては

「自分の中の埋まらない何かを埋めるため」

と言われます。

 

過去にトラウマを持っていたり

愛情に枯渇したり

自分の存在を卑下しているような方に

よく出る症状でもあります。

 

その何かを埋めるために

様々なものに手を出し

結果的にそれを手放せなくなったものが依存症です。

 

 

 

依存症であるのかないのかを判断するのは

意外と簡単です。

 

それがなくなっても

「平常心を保っていられるのか」

です。

 

全然平気

ちょっと不安

平常心を保てない

 

そんなような

心模様があるかと思います。

 

 

 

そしてもっと言及すれば

現代人はほとんどの人が

何かしらの依存症を患っていると言えます。

これはもう現代病と言ってもいいでしょう。

 

 

 

 

 

では本題である

あらゆる依存症の

根本原因です。

 

それは実は

人間の脳機能に起因しています。

 

もっと平坦に表現すると

人間の脳には「大好物」があります。

 

詳細を書くと長くなるので

答えだけ端的に表現すると

 

人間の脳は

「部分」が大好きなのです。

 

例えば部分とは

「甘い」という刺激は部分です。

 

なぜなら味覚という領域において

様々な味がありますが

砂糖などはその中でも

 

「甘味」という「部分」を

強烈にしたものだからです。

 

 

違う例を取ればSEXです。

 

SEXは様々な要因が絡み合っているので

簡単には表現できないですが

 

単純に「刺激」ということだけにフォーカスすれば

「触覚」において強烈な「部分」の刺激を

味わえるのがSEXです。

 

故にSEX依存症の人は

その「部分」の刺激を求め

行為を繰り返してしまうのです。

 

そしてSEXには刺激だけではなく

人間的に「受け入れてもらえている」「愛されている」

という心理的刺激も含まれていますので

 

より強固な依存になりやすい

とも言えるかと思います。

 

 

 

 

このようにそもそも人間には

「部分が大好き」という特徴がありますので

あらゆる依存症は

 

この脳機能の特徴から

派生しているものでもあります。

 

故にその依存が

どんなものに発生するのかは

その人の特徴ということでもあります。

 

 

 

そして理解しなければいけないことは

依存症の方は多かれ少なかれ

心に深い傷を負っていることが多いです。

 

ですから依存症になってしまっていることを

責めるのではなく

癒やしてあげることが何より重要なことになります。

 

 

 

そして依存症を根本解決するには

先述した「部分が大好き」という

脳機能を突破しなければなりません。

 

近年ではカウンセリングなども一定の効果を

発揮しているようですが

やはりまだまだ再発防止には弱いように感じます。

 

 

本当に依存症を解決するには

「部分での快楽」から「全体での快楽」を

自覚できるようになることが一番の鍵になります。

 

 

ここで詳細をお伝えすると長くなりますが

脳の特徴をしり、脳の特徴を突破することが

何よりの鍵になりますので

 

まずはそういうジャンルに対して

感度を働かせることが

重要かと思います。

 

 

そして私が知っている中では

その領域を体系化して共有しているのは

NR JAPANのnTechしか知りませんので

 

もしご興味ある方は

そういう内容にも触れてみて下さい!

 

 

 

では今日も

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました!!