RT weblog

本質系ゆとり世代のブログです。「15才の時の私」に知ってほしいことを書いてます。

今の時代にどんな問題意識を持つべき?ポストコロナ時代の基準点について。

本当に変化の激しい時代になりました。

 

これからの世界は、情報テクノロジーとバイオテクノロジーの進化によって、現在の我々では想像もつかないような社会の到来を予見している方が多くあります。

 

そんな時代に、我々はどんな力を持っている必要があるのでしょうか?どのような人類であればその変化に適応できるのでしょうか?

 

そんな時代の到来を前に「ポストコロナ時代に持つべき28の問題意識」について、令和哲学者ノ・ジェスさんが開催を予定している「世界基軸教育28日間プログラム」から整理してみました。

peraichi.com

令和哲学者ノ・ジェスさんとは?

 

以下、HPから引用です。

令和哲学者 Noh Jesu(盧 在洙:ノ・ジェス)
「光はどこからきたの?」という幼い頃に抱いた疑問をきっかけに、「この世界を成り立たせる真実の“仕組み”」について追求を開始。取得した武道の段の合計は20段を超え、韓国代表選手を輩出する武道場や、幼児教育サービス会社を経営するなど、人材教育の最前線で活躍。
日本を拠点に活動する韓国人。数学・物理学・哲学など様々な学問の大統合を可能にするnTech創始者。韓国生まれでありながら、世界の未来の鍵を握るのは日本であることを確信し、24年間人生を賭けてJAPAN MISSIONを発信・実践し続けている。

以下、ノ・ジェスさんが開発した「nTech」の紹介動画です。

youtu.be

 

 

「ポストコロナ時代に持つべき28の問題意識」とは?

以下、28の問題意識です。HPより引用。

  1. 真の人生はゲームチェンジからやっと始められる。その理由とは?
  2. “犬が尻尾を振る理由”がわかれば自然に幸せになれる。その根拠とは?
  3. 考えの出発点(思考の根拠)観察の出発点(観察の根拠)とは?
  4. ニュートン力学、量子力学、ヒモ理論、M理論の違いと共通点を通した力の秘密・コロナの秘密とは?
  5. 究極のシンプル状態はどんな状態なのか?コンプレックスをシンプルにさせる方法とは?
  6. どこまで知れば完全に分かったと言えるのか?知っている世界から自由になることの意味価値とは?
  7. 時間とは何なのか?時間が生まれる仕組み、時間から自由になれる方法とは?
  8. 物質とエネルギーと心の関係とは?
  9. 陰陽五行を成立させる一つの動きとは?
  10. 数学の難題であるフェルマーの定理とガロア論とABC予想を一つの動きで整理する方法とは?
  11. この現実は決定論で成り立つのか?自由意志で成り立つのか
  12. 物理学者の永遠不変な関心主題である「運動」とは?真の人生はゲームチェンジからやっと始められる。その理由とは?
  13. ポストコロナ時代の学問とは?宗教と科学の融合は可能なのか?形而上学とポストモダニズムの融合は可能なのか?数学と哲学の融合は可能なのか?全ての知識の大統合の道はあるのか?
  14. 脳と心の関係性、人工知能と人間の関係性とは?
  15. すべての意味価値はなぜ、どのように誕生するのか?
  16. 人間関係が平和になり尊厳関係になるために必要な絶対条件とは?
  17. 人類が完全な勝利を得るためにはどうすればいいのか?
  18. 人を集中・緊張させる方法とは?
  19. 免疫力を高める方法、免疫力の秘密とは?
  20. 健康・幸せなライフスタイルの全体像とは?
  21. SDGsを満たしながら雇用問題を解決できる経済モデルとは?
  22. アポリア時代のリーダーシップの本質とは?
  23. 最高の結集と生産を誕生させる最高の組織システムとは?
  24. 政治に無関心な若者をゼロ化させる本物の民主主義の具現化のために何が必要なのか?
  25. 少子高齢化を解決するためには?
  26. デジタル思考方式がつくり出す尊厳文明とは?21世紀、今の時代の課題とは?
  27. 新しい時代を拓く中心主体勢力はどのように誕生するのか?
  28. 世界基軸教育とは?

 

「28の問題意識」 を見てみた感想

すごい内容ですね…そもそも私は質問の意味を理解するところから始める必要がありそうです(笑)

 

ただ、今まではあまり考えてこなかった内容だからこそ、現在の哲学ブームに見られるように、誰もが偉人と呼ばれるような哲学者の方たちと同じような次元に進まなければ、たしかにこれからの時代を生き抜くことは難しいように感じました。

 

今までは周りや社会に「生きるとは」「自分とは」「働くとは」という答えを依存してきた時代ですが、これからは自分自身でその答えに到達する必要がありそうです。

 

終わりに

いかがでしたか?

 

ぜひこれを機会に「これからの時代に持つべき問題意識」について考えてみて下さい。上記のプログラムは無料で開催予定とのことですので、ご興味ある方はHPを覗いてみて下さい。

peraichi.com