RT weblog

本質系ゆとり世代のブログです。「15才の時の私」に知ってほしいことを書いてます。

そもそもウィルスってなに?どうやって対処したら良いの?

世の中はコロナウィルス一色で染まっている状態ですが、そもそもウィルスって何なのでしょうか?ウィルスに対して、私たちはどのように対処していく必要があるのでしょうか?

 

今回はそんなウィルスへの理解を深めるために、令和哲学者ノ・ジェスさんの動画を参考に考えていきたいと思います。

youtu.be

令和哲学者ノ・ジェスさんとは

f:id:rtomizawa:20200420153925p:plain

以下引用です。

令和哲学者ノ・ジェス

日本を拠点に活動する韓国人。数学・物理学・哲学など様々な学問の大統合を可能にするnTech開発者。韓国生まれでありながら、世界の未来の鍵を握るのは日本であることを確信し、24年間人生を賭けてJAPAN MISSIONをかっしん・実践し続けている。著書に「宇宙一美しい奇跡の数式(0=∞=1)」、「日本の和心」など多数あり。

以下は、ノ・ジェス氏が開発した「nTech」の紹介動画になります。参考にされて下さい。

youtu.be

 

動画の紹介

ではここからは動画の内容を紹介していきます。

すべては心で出来ている(00:00〜)

f:id:rtomizawa:20200427122902p:plain

  • 今回は令和哲学の観点から、コロナの蔓延について話します
  • 令和哲学は、この世界はすべて心からできていると整理している
  • 心からエネルギーが出来て、エネルギーから物質・生命・精神ができている
  • その心を「中が外、外が中、中と外がひっくり返る動き」として、そこから物事を観ている
  • 人間の体で経験する経験知識ではなく、数学的な概念知識で、この世界をひとつの動きで説明しているのが令和哲学

 

体中心の生き方へ変化を要求(00:57〜) 

f:id:rtomizawa:20200427123003p:plain

  • 現代社会は、AIの登場や、人間のチップ化など、体中心の生き方に対して変化を要求している
  • それは自然の産物である人間の体を、人工の産物に変えようとする動きでもある
  • 今回のウィルスは、自然の産物である体に対するウィルスの台風と観ることができる
  • 人間の体に70兆個ある細胞の環境システムが、ウィルスが登場によって、大きな問題が生まれている

 

細胞が生まれる仕組み(1:48〜)

f:id:rtomizawa:20200427123128p:plain

  •  コロナを理解するためには、細胞が生まれる仕組みを理解する必要がある
  • ウィルスは物質と生命の中間であるので、物質から生命になる仕組みを理解することが重要

f:id:rtomizawa:20200427123251p:plain

  • 大きさで考えると、ウィルス<細胞<人間の細胞・・・・となる。
  • 実はウィルスが小さすぎて、現代の科学技術では手が出せない領域にある
  • つまり、抗生物質が効かないので、ウィルス系の病気には、人間の免疫力系に頼るしかない
  • 令和哲学から観ると、心のチューブからエネルギーが生まれ、エネルギーのチューブから物質が生まれ、物質のチューブから生命が生まれるとイメージが出来る。

 

炎症から生まれる病気のメカニズム(3:06〜)

f:id:rtomizawa:20200427123402p:plain

  • そのイメージから観ると、「血管」と「毛細血管」の間で「細胞の消滅メカニズム」が働いている。
  • そして、「毛細血管の中」で炎症が起きると、「細胞」が「酸素や栄養素」を得られなくなってしまう
  • そうすると、「細胞」が「脳細胞」に「酸素・栄養素」を要求し、脳は「心臓」に「より強く動き、血液を送るよう」に指示をする。
  • しかし、「毛細血管」に炎症が起きている状態なので、心臓が動いても「酸素・栄養素」は細胞に届かず、その結果、「頭痛や発熱」が起こる。
  • 「炎症がある状態」では、「酸素・栄養素」が行き渡らないだけではなく、救急車の役目である「白血球」も細胞に届かず、「正常な細胞」が作れなくなってしまう
  • この状態が続くと、「糖尿病や癌細胞」になってしまう
  • 今回のコロナが生み出す「細胞の変異体」は、人間の正常な細胞ではないため、「人間の正常な内臓ではない内臓」が生まれ、人間の肺としての「機能」ができなくなり、死に至ってしまう

免疫力UPの大事なキーワードとは(4:24〜)

f:id:rtomizawa:20200427124017p:plain

  • なので「炎症をどうやって解決するのか」が免疫力を高めるいちばん重要なキーワードになる
  • 人間の心が不安・恐怖になると、血管・血液が固くなり、炎症が起きやすくなる
  • 大事なことは「体の中の白血球が、速いスピードであちこち移動できる状態を作るのか」
  • 例えば歩く時に身体が重いと感じる人は、体の中に炎症が多い可能性が高い。
  • 免疫力を高めるには、「白血球が活発に動くようにすること」が大事なので、リンパマーッサージや、水をたくさん飲んだりすること。
  • 白血球が活発に動くようにして、免疫力を高める最高のキーワードは「中と外がひっくり返る循環」
  • いかに自分の心を健康にするのか
  • 血液をサラサラにして、炎症が少なくなるようにして、「白血球が自由に動ける環境をどう作るのか」
  • ウィルスが蔓延している時は、できるだけ野菜を食べたり、水を飲んだり、エネルギーを∞アウトプットしたり、長い呼吸が大事なのでメディテーション・ヨガなども免疫力を高めるのに効果がある。 

進化したウィルスを生み出さないためには(6:19〜)

f:id:rtomizawa:20200427123935p:plain

  • ウィルスの複製能力は、他生物の細胞とつながることでスイッチが入るので、その微細なウィルスが鼻・耳・目などに入ることで炎症が起きる
  • そしてウィルスが人間の体に入るキッカケになりやすいのが手なので、とにかく手を消毒することが大事
  • コロナウィルスがどんな細胞との結合の相性がいいのかが分かれば、抗生物質の開発ができるが、コロナウィルスが人間の細胞と結合して、人間のデータを分かってしまったら、コロナウィルスの次のウィルスが生まれる時に、進化したウィルスが生まれてしまう
  • そしてそのウィルスが、今回のように肺ではなく、心臓や肝臓などを攻撃するウィルスになった場合には、かなり人間にとってはまずいことが起きる可能性が高い
  • なのでこのウィルスの進化を止めるためには、多くの人たちの中にウィルスが入らないようにすること

コロナ現象から読み取るべきメッセージとは(7:52)

f:id:rtomizawa:20200427124222p:plain

  • 人間が目で見て、体感覚で生きる時代が終わる
  • 今回のコロナウィルスのメッセージは「人間はこの宇宙空間の中で、どういう存在であるべきか」を考えさせることでもある。
  • それは「意思決定の基本単位をどう進化させていくのか。集団知能を進化させるために、自分がどう貢献できるのか。」でもある。
  • とにかく「体だけを自分だと思う世界」をゼロ化させない限りは、このウィルスからの攻撃はどんどん強まると思う。
  • 「この体だけが自分だと思う世界」をゼロ化させるために、AI・ナノチップ・クローン人間などが登場しており、すべて「この体だけが自分だと思っているエゴの世界を溶かしたい」という時代の意志だと思う
  • その自分が溶けた時に、すべてが愛おしくなる
  • なので令和哲学では、最も深い世界である「宇宙の根源・世界の根源」から物事を観ることができる「Deep Engine・Deep Learning」を紹介している。
  • 今回のコロナ現象から、私たち人間の教育体系をもっと深い世界・Deep Learningに進化させて、人間の免疫力を無限大拡大させる時代を作る必要性を感じる
  • それは全ての仕組みを「体の目」ではなく、エネルギー・光・物質・生命・精神を生み出す「源泉的動き」から観た時に、免疫力を最高に発揮することが出来る
  • 血管と血液のスピードのバランスが健康にとても重要で、そのバランスが取れた時に、白血球が活発に活動できる免疫力が高い体を作ることが出来る

大事なこと(10:21〜)

f:id:rtomizawa:20200427124333p:plain

  • 今回の動画を撮影しようと思った理由は、今回のコロナ現象が実はコロナだけが問題ではなく、人間の不信・不安・恐怖・怒りなどが蔓延し、経済も停滞して、どんどん社会全体が悪循環にハマっていくことが観え、「これは本当に危ない」と思った
  • いま何より大事なことは、「心を健康」に保ち、ウィルスを制圧できる「人間の細胞システム・生命の素晴らしさ」に確信を持つこと
  • そしてコロナ現象を、「危機からチャンスに」反転させて、人と人が愛し合うことが出来て、自分の命・人生に尊厳・プライドを持って愛していけるような「ライフスタイルにバージョンアップさせるキッカケ」にすることがとても大事だと思って撮影しました

  

動画のポイント

以下、動画のポイントをまとめてみます。 正直まとめきれてないですが…

  • 令和哲学では「全ては心から生まれている」と整理しており、「心→エネルギー→物質→生命→精神」となる。
  • ウィルスは物質と生命の中間なので、物質から生命になる仕組みの理解が必要で、ウィルスは小さすぎて現代医療では解決できないため、人間の免疫力の頼らざるをえない
  • 令和哲学の観点から観ると、血管と毛細血管の間で細胞の消滅メカニズムが働いており、毛細血管で炎症が起きることで、各所に問題が発生し、酸素・栄養素・白血球が細胞に届かず、正常な細胞が生まれず、病気状態になってしまう
  • 今回のコロナが生み出す細胞の変異体は、人間の正常な細胞ではないため、人間の正常な内臓ではない内臓が生まれ、人間の肺としての機能ができなくなり、生命活動が維持出来なくなる
  • つまり人間の免疫力を高めるキーワードは「炎症をどうやって解決するのか」
  • 炎症を解決するには、血液をサラサラにして「白血球が自由に動ける環境作り」である
  • そして血管・血液は、人間の心が不安・恐怖になることで、炎症が起きやすくなるし、免疫力を高める最高のキーワードは「中と外がひっくり返る循環作り」にある
  • リンパマーッサージ、水を沢山飲む、野菜を食べる、エネルギーのアウトプット、長い呼吸、メディテーション・ヨガなども効果がある
  • ウィルスは他生物の細胞との繋がりによって複製されるので、細胞と接触しないようにすること
  • 一番の侵入経路は「手」なので、手を徹底的に気をつけること
  • 今回のコロナが多くの人間の細胞と結合してしまうと、次に生まれるウィルスは更に進化した状態で生まれ、更に人類全体が危機的状況になってしまう
  • 今回のコロナウィルスのメッセージは「人間はこの宇宙空間の中で、どういう存在であるべきか」を考えさせることでもあり、「この体だけが自分だと思っているエゴの世界を溶かしたい」という時代の意志だと思う
  • 今回のコロナ現象から、私たち人間の教育体系をもっと深い世界・Deep Learningに変化させて、人間の免疫力を無限大に拡大させていく時代を作る必要性を感じる
  • 今回のコロナ現象は、コロナだけが問題ではなくて、人間の不信・不安・恐怖・怒りの蔓延、経済の停滞による、社会全体の悪循環が生まれ、本当に危ない状態
  • このときに何より大事なことは心を健康に保ち、ウィルスを制圧できる人間の細胞システム・生命の素晴らしさに確信を持ち、危機からチャンスに反転させて、ライフスタイルにバージョンアップさせるキッカケにすることが大事 

 

動画の感想

何より大事なことは「仕組みの理解」と感じました。

 

今回の動画で「ウィルスは小さすぎるので、人間の免疫系に頼るしかない」ということをはじめて知り、ワクチンの開発を待つことがあまり賢いことではないと感じました。むしろ「人間の免疫力」について理解し、それ自体を開発したほうが効果的であると思いました。

 

また、今回のコロナが収まっても、今後さらに進化したウィルスが生まれる可能性があるということで、より現代医療に頼るよりも、自分自身の免疫力UPの開発の必要性を感じました。 

 

そしてそれらの仕組みを理解するためには「体の目で見る経験知識ではなく、数学的な概念知識が必要である」ということも納得がいきました。

 

どうしても物事を理解する時には目で見える世界を中心にしがちですが、大事なことがその裏に隠れている原理を洞察することであると思います。しかしその世界は残念ながら、重力を目で見ることが出来ないように、目で見ることは出来ません。そのような理由もあり、数学・物理の発展によって現代社会は進化することが出来たように感じます。

 

そして今回のコロナ現象は、そんな現代の科学ですら捉えきれないほど微小な世界の現象であるため、今までの科学以上に細かく精密な概念知識の必要性を感じ、そしてそのパートを補っているのが、科学では到達していない「一番小さい世界」と「一番大きい世界」を認識できるようにした令和哲学であるように思いました。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

 

私はこの動画をキッカケに「免疫力」についてしっかり学ぼうと思いました。今回のコロナ現象をキッカケに、ウィルスや人間、世界についての理解の一助にしていただければ思います。 

 

今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。では、また。

youtu.be